大津島

出典: Wikipedia

大津島(おおつしま、「おおづしま」と読むこともあり)は、山口県周南市、徳山下松港の沖合い10数kmのところに浮かぶ島である。 【概要】 大津島は、Y字を少し崩したような形の南北10km足らずの島。かつては二つの島だったが、400年くらい前に二つの島がつながったといわれており、南端の馬島は、現在では、島といいながらも、大津島の中のひとつの集落の呼び名になっている。すぐ北にある縦長の仙島、お椀を伏せたような黒髪島と南北に並び、徳山湾を外海から隔てて、天然の良港にしている。人口は約400人程度で七つの集落がある。年齢65歳以上の高齢化率が約70パーセントに達しており、少子過疎高齢化の進んだ限界集落である。 太平洋戦争末期には、日本海軍の特攻兵器の一つである人間魚雷「回天」の訓練基地が設置されたことでも有名である。

このエリアについて

掲載されている山

大津島, 黒髪島, 仙島, 沖島, 野島, 平島

  • 体力度
    2

    山口県光市に位置する、標高323mの山。烏帽子岳(412m)と茶臼山(348m)の間にあるピークである。山頂にはベンチとテーブルが置かれ、こぢんまりとした印象だ。虎ヶ岳・烏帽子岳・茶臼山などをつないで歩く縦走路は俗に「光アルプス」と呼ばれ、ハイカーたちに楽しまれている。特に茶臼山からの眺望は素晴らしく、一見の価値あり。全体的に適度なアップダウンがあり、時おり開けた場所からの展望も楽しめるコースである。登山道は整備され、基本的にわかりやすいので初心者の山歩きにもおすすめ。詳細は、茶臼山を参照。https://yamap.com/landmarks/15404

  • 体力度
    2

    山口県光市に位置する茶臼山は、山口県光市と下松市の市の境界にある標高348mの山。山頂には三角点の側にベンチが置かれ、休憩用の場所が多く作られている。山頂は展望に優れ、光市側から上関町、平生町、周防大島、田布施町、柳井市、岩国市などの山々を一望することができる。また周南市、防府市の山々も一望でき、瀬戸内海の先には遠く大分県の姫島まで見渡せることも。虎ヶ岳・烏帽子岳・茶臼山などをつないで歩く縦走路は俗に「光アルプス」と呼ばれ、縦走を楽しまれている。適度にアップダウンがあり、時おり開けた場所からの展望も楽しめるコースである。登山道は整備され、基本的にわかりやすいので初心者の山歩きにもおすすめ。

  • 太華山

    標高:362 m

    体力度
    2

    太華山(たいかざん)は、山口県周南市南端の大島半島にある標高362mの山。 瀬戸内海国立公園の観光地である。標高は362mと高くないが、山頂から西に徳山湾と大津島、東に笠戸湾と笠戸島への眺望が開けていて、ハイキングコースとして市民に親しまれている。山頂には、与謝野鉄幹の詩碑、佐藤栄作元首相の顕彰碑がある。 中国の昆明に同名の山がある。

  • 奥畑山

    標高:232 m

    体力度
    3

  • 山見山

    標高:220 m

    体力度
    3

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す