高松市

出典: Wikipedia

高松市(たかまつし)は、四国の北東部、香川県の中央に位置する市で、香川県の県庁所在地である。四国の経済の中心地で、国から中核市に指定されている。高松都市圏の中心都市である。 【概要】 瀬戸内海に面する港町で、かつて国鉄の宇高連絡船が就航していたこともあり、四国の玄関口として四国を統轄する国の出先機関のほとんどや、多くの全国的規模の企業の四国支社や支店、また四国電力やJR四国といった、四国全域を営業区域とする公共サービス企業の本社などが置かれ、四国の政治経済における中心拠点である。 現在、高松市の人口は平成の大合併などを経て42万人を擁し、さらに高松市を中心とする高松都市圏の人口においては約84万人(2005年国勢調査基準)と、香川県の人口100万人の過半数に達する都市圏で、四国最大の都市圏を形成している。 江戸時代には譜代大名・高松藩の城下町として盛え、高松城天守がこの街の象徴であったが、明治時代に破却され、現在では2004年(平成16年)に完成した高松シンボルタワーが、それに替わる新しいランドマークとしての機能を果たしている。 さらに、高松市の中心商店街である丸亀町商店街では、大規模な再開発が行われており、活気ある商店街として多くのメディアで紹介されている。 また香川県の人口重心は「高松市国分寺町福家」と、高松市中心部からみて南西の市内にあり、県の地理的中心でもある。

このエリアについて

掲載されている山

高松市

  • 南嶺

    標高:292 m

    体力度

  • 北嶺

    標高:282 m

    体力度
    1

  • 体力度
    1

  • 雲附山

    標高:239 m

    体力度

  • 堂山北嶺

    標高:304 m

    体力度
    1

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す