真昼岳・女神山・音動岳・黒森山

出典: Wikipedia

真昼岳(まひるだけ)とは、秋田県仙北郡美郷町と岩手県和賀郡西和賀町との県境にある山である。真昼山とも。真昼山地の主峰で、標高は1059mである。 【概要】 秋田県側の周囲は真木真昼県立自然公園に指定。なお、県境をまたぐ真昼岳林道(峰越連絡林道)が付近を通るが、未舗装かつ大変狭い。 古くから信仰の対象として真昼山大権現社(三輪神社)が設けられ、中世には周辺の小野寺氏や本堂氏の氏神ともなっていた。 山名は伝説の坂上田村麻呂が東征の折、昼頃に山頂についたからとされている。(中略)

このエリアについて

掲載されている山

主要ルート

  • 真昼岳

    標高:1059 m

    難易度
    体力度

    真昼岳(まひるだけ)とは、秋田県仙北郡美郷町と岩手県和賀郡西和賀町との県境にある山である。真昼山とも。真昼山地の主峰で、標高は1059mである。 秋田県側の周囲は真木真昼県立自然公園に指定。なお、県境をまたぐ真昼岳林道(峰越連絡林道)が付近を通るが、未舗装かつ大変狭い。 古くから信仰の対象として真昼山大権現社(三輪神社)が設けられ、中世には周辺の小野寺氏や本堂氏の氏神ともなっていた。 山名は伝説の坂上田村麻呂が東征の折、昼頃に山頂についたからとされている。山頂の三輪神社はその時将軍が建立したものという。江戸時代の記録には「麓に石の鳥居がある。三輪神社がある。大同2年に田村麻呂が開基した。祭礼は4月の6月とも12日である。この山には怪異の話が残されている。 登山口は秋田側に赤倉口と善知鳥口、岩手側に沢内口がある。また、峰越(みねこし)林道の秋田、岩手県境からの登山が最も容易に登ることができる。 峰越林道からは、北ノ又岳(きたのまただけ)と音動岳(おんどうだけ)を通り、約1時間半程度で山頂に到着する。写真右の山が音動岳である。 登山道や山頂からは、北に雄大な和賀山塊を見ることができる。美しい景色を見ることができるのがこの山の特徴である。ただ、山頂部分は笹が多く紅葉は期待できない。山腹の紅葉や新緑との対比は美しい。

  • 難易度
    体力度

    女神山(めがみやま)は、秋田県仙北郡美郷町と岩手県和賀郡西和賀町の境にある山である。標高は955.4m。山頂には三等三角点「女神山」が設置されている。 女神山は秋田と岩手の県境にまたがる真昼山地の南端部に位置する山である。東北百名山に選ばれている。秋田県側の美郷町方面から見ると、手前に「秋田女神」(870m)が見え、その奥に「岩手女神」として女神山が見える特徴がある山容である。 岩手側登山コース周辺には、白糸の滝など7つの滝があり楽しめる。また、中腹に見事なブナ林が見られるブナ見平があり、一帯は「下前風景林」に指定されている。また、ふもとの「女神霊泉」は「いわての名水二十選」に選ばれている。 山頂は岩手県側の展望がよく、西に移動すると秋田県側の展望が良い場所がある。 いくつかの登山コースがあるが、白岩岳や和賀岳などの和賀山塊から、風鞍や真昼岳を経由して、女神山に至る大縦走も可能である。善知鳥コースは2003年に整備されたコースで、後ろのツル道コースは2014年に整備されたコースである。

  • 鹿子ノ山

    標高:937 m

    難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

  • 清水川山

    標高:134 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す