大郷戸アルプス

このエリアについて

掲載されている山

大郷戸アルプス, 富谷山

  • 雨巻山

    標高:533 m

    体力度
    2

    雨巻山(あままきやま)は、栃木県芳賀郡益子町と茂木町の境に位置する標高533mの山である。陶器の町として知られる益子町の最高峰で、山腹まで伸びた複数の林道を起点に、様々な登山コースが整備されている。山中にはシュンラン・エンレイソウ・カタクリ・テングスミレなどの山野草、ヤマザクラ・トウゴクミツバツツジ・ヤマツツジなどの花々、ブナの森など豊かな植生が見られ、年間を通して多くのハイカーに親しまれている。山頂には木製の展望塔が設置されており、日光連山などの山々をはじめ、空気の澄んだ冬には東京スカイツリーや富士山までを眺望することができる。北側に連なる足尾山(413m)・御嶽山(433m)とあわせて縦走されることも多い。

  • 三登谷山

    標高:433 m

    体力度
    2

  • 体力度
    2

    御嶽山(おんたけさん)は、栃木県芳賀郡益子町と茂木町の境に位置する標高433mの山である。陶器の町として知られる益子町の最高峰・雨巻山(533m)から北に伸びる稜線上に位置し、北側の足尾山(413m)と縦走されることが多い。前述の2座は国土地理院の地形図にも山名の記載があるが、御嶽山は433mの標高点しか記載されていない。詳細は雨巻山を参照。 https://yamap.com/mountains/16780

  • 体力度
    2

    足尾山(あしおさん)は、栃木県芳賀郡益子町と茂木町の境に位置する標高413mの山である。陶器の町として知られる益子町の最高峰・雨巻山(533m)から北に伸びる稜線上に位置し、南側の御嶽山(433m)と縦走されることが多い。山麓へは尾根コースと沢コースの2ルートがあるが、沢コースは登りでの利用が無難。詳細は雨巻山を参照。 https://yamap.com/mountains/16780

  • 体力度
    2

    富谷山(とみやさん)は、茨城県桜川市の北部にある標高365.1mの山である。笠間県立自然公園に指定されており、同公園の西端に位置する。 富谷山の中腹には小山寺があり、三重塔(国の重要文化財)は関東以北で最古のものとされる。富谷山にあることから富谷観音とも呼ばれる。 小山寺の西側に「富谷山ふれあい公園」が整備されている。国道50号沿いの市街地が眼下に広がり、展望台からは筑波山や加波山などの山々を一望できる。好天時には富士山も見ることができ、国土交通省関東地方整備局の選定による「関東の富士見100景」に選ばれている。 ふれあい公園まで車で登ることができ、途中の駐車場までは大型バスも通行可能。 ハイキングコースも整備されており、関東ふれあいの道のコースにもなっている。 水戸女子林間農場があったが閉鎖されており、2011年末の火災により焼失した。 水戸女子林間農場は火災の後取り壊され、体育館と両方がなくなった。

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す