高原温泉から錦秋の大雪山へ

2023.09.30(土) 2 DAYS

活動データ

タイム

10:55

距離

19.2km

のぼり

1510m

くだり

1514m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 32
休憩時間
28
距離
7.1 km
のぼり / くだり
974 / 220 m
DAY 2
合計時間
6 時間 23
休憩時間
1 時間 8
距離
12.0 km
のぼり / くだり
535 / 1294 m

活動詳細

すべて見る

荷物を背負って! 第3弾 大雪山系の紅葉時期にマイカー規制でシャトルバスの運行に併せて、紅葉の周回コースを目指す。 銀泉台から赤岳・白雲を巡り白雲小屋(野営場)に泊り緑岳を越えて高原温泉下山の三色丼…。  銀泉台は規制解除でバス運行がなく、高原温泉から往復することに。 直ぐに階段状の急登が続き、体も温まる。一段登ると高層湿原状の台地に出て、目指す緑岳も。 赤色の発色が悪そうで、例年は9月も20日前後には初冠雪があるはずが、今年は変に暖かい。  テン場は空で、春から夏まで「熊さん出没」で閉鎖になっていたので・・・? 避難小屋で受け付けると、最近は現われていないとか。小屋には2名でテント設営中に更に2名。 夜半に起きだすと、ガスガスの中に中秋の名月(1日遅れ)。そこだけ空が開いている。 明け方近くに雨になり、びしょ濡れの撤退を覚悟するが、朝には強い風でテントも乾く。  昨日よりも一層風が強く、雨具も脱げない。しかし、雨はなく陽は差している。 下山すると、ヒグマ情報館の呼び込みがあり、沼巡りのレクチャー。沼の奥の山肌が美しく紅葉し人気のハイキングコース。1周すると7kmと流石に登山の延長ではへばり気味。  大雪山系にようやくの初冠雪(昨日)に慌てて公開。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。