美しい夕景とタフな登り💦😆⛄️ 〜御座山〜

2022.01.03(月) 2 DAYS

活動データ

タイム

08:55

距離

10.3km

上り

1170m

下り

1169m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 16
休憩時間
1 時間 10
距離
5.2 km
上り / 下り
1025 / 168 m
DAY 2
合計時間
3 時間 38
休憩時間
39
距離
5.0 km
上り / 下り
135 / 1000 m
26
30
2 10

活動詳細

すべて見る

毎年恒例お正月山行です🎍 一昨年は南アルプス光岳 昨年は赤城山と子の権現の日帰りコンボ 今年はまた泊まりで行きたいね〜☺️ でも、ここのところの寒波続きで アルプスは無理だよね〜💦 八ヶ岳は人多いしね〜💦 だからといって奥多摩や丹沢の避難小屋は 混んでいそうだし😨💦 という事で今回選んだのは 長野県北相木村に聳える御座山(おぐらさん) 日本二百名山の一座です。 山頂直下に避難小屋があるので、 そこに泊まって、山頂からの景色を存分に楽しもう、という事に。 YAMAPレポを確認すると最終は先月30日。 ヤマレコはそれ以前💦 31日から1日は寒波で雪が降ったろうし⛄️ そこそこ雪はあるのではないかと推測して 雪山装備を整えます。 旦那さんが3日に早朝少し仕事しなければならなくなったので、登山口を昼頃スタートのつもりで。コースタイムは4時間弱。まあ行けるかな? 北相木村の長者の森キャンプ場の駐車場にINし 支度を整えて歩き始めます。 2人とも久々の幕営装備でフラフラです🤣 まあ、ゆっくり行きましょうということで‼️ 長者の森からはまず林道をつめ、山に取り付き、大きな紅白の鉄塔のところへ登るまでそこそこ急登です。 雪は足の甲の高さくらい。深いところで踝くらいです。 鉄塔を過ぎ少し登ると割となだらかな稜線。 しかしなだらかなのと風の通り道で雪庇や吹き溜まりが目立ちます。雪は深いところで膝下くらい。歩きにくい💦 その後見晴台に向けて斜面をつづら折れに登り、根や岩に雪が被った急な登りを石楠花の枝を掴みながら登る。 見晴台からはまた少し下って前衛峰に向けて急登💦雪はサラサラしていてキックすると岩や根にガツンガツンと当たるところが多いので結構大変です😅 2人してヒーコラいってるので前衛峰に着いたのが16時頃。あたりは日没に向けて空が焼け始めています。 前衛峰から山頂へのコースタイムは40分。 気力を振り絞り進みます。 前衛峰からは岩場の目立つ道を下り、鞍部から山頂までは標高差およそ150メートルほどの急登です😂避難小屋のノートに書かれた言葉の中に、「あまりに急で顔が地面につくかと思いました」との文字🤣🤣🤣まさしくそんな感じで、見上げれば疲れた自分達には壁に見えてしまう🤣そんな登りが100メートルほど。気分的には南アルプスの笹山でも登ってる感じに思えました😂もちろん雪もサラサラでほとんど締まっていません。木にしがみついて必死に登ります。 最後50メートルは斜度も緩み、緩やかに登って行くと避難小屋が薄暗い中に見えてきました。 玄関は雨戸が閉まっていて、開けると全面ガラスのサッシです。まだ雪はサッシのレールと面一くらいの高さのため問題なく開きました。 入口すぐのところは土間になっています。 荷物を放り込んで山頂へ。 もうホント目の前です。 樹林を少し進むとすぐにちょっと通過に気を遣う痩せた岩場です。最初にトレースをつけた人は凄いなぁ。踏み抜いたり転倒したりすれば真っ逆さまな場所もありますので足場を確かめながら進みます。 時間はもうすぐ17時。もう既に日は沈み、残照の時間です。 視線の先、岩場の先端に御座山の標柱と祠が見えました。 薄い青紫の空にそれらが浮かび上がる景色はとても美しかったです。 振り返ると金峰山が雄大。 八ヶ岳には雲がかかります。 両神山も見えています。 わずかな時間でしたが美しい夕景を楽しみ、 記念撮影をして、また岩場を注意深く歩き、 避難小屋へ戻りました。 避難小屋はとても広く、例えとしてシュラフなどピッタリ詰めて敷けば20名は余裕で入れる広さがあります。トイレはありません。 そんな広い避難小屋が貸切🛖 頑張って歩いてきて良かったです😊 荷物を使いやすいように整理して、貸切なので小屋内でテントを張り、自分達も着込んだりして暖かくしてから夕食です。 かなり疲れたので早くから就寝💤夜中は風が唸りを上げて吹いていました。 さて、朝は遅くまで寝ていられません🤣 5時前から起きて、お湯を沸かし、ご飯の支度。ポットの中の紅茶もシェラカップで温め直して美味しく頂きました。 日の出時刻が迫ると空が焼けてきた様子ですが、山頂からの日の出が見える方角ではありませんでした🤣 しかしそれ以前に予報通り長野県は雲が多く、八ヶ岳は行方不明🤣金峰山も雲を被っています。雪雲が辺りを覆っています。 昨日山頂を踏んでいるので、適当なところから辺りを見渡し写真を撮って、小屋に戻ったらパッキングをして出発です。 樹林帯は昨日のトレースが残っていましたが、 かなりの急坂なのでゆっくりゆっくり。 斜度の緩いところもそれほど強い風は吹かなかったのかまあまあトレースは残っています。 昨日は夢中でしたが、下っていくとまあよくぞここを頑張って登ってきたよなぁ〜😅と関心してしまうのです。 下山は急なのでアイゼン履いてきましたが、 急な下りが落ち着く鉄塔のところでチェーンスパイクにしました。 楽な下りは心に余裕もできるので、わざとトレースのないところを踏んでサラサラした雪の感触を楽しみながら歩き、キャンプ場へ無事に帰ってきました😄 帰り道、北相木村の県道から見上げた御座山は ググッと空に突き上げて聳える尖った山容でした。オーバーかもしれませんが、清里から見る赤岳みたいな形に見えましたよ😳登りがタフなわけですね〜😂 今回はキラキラとした雪山ではないけれど、久しぶりに衣食住を背負い、人のいない静かな雪山を満喫できた山行きとなりました😃✨

御座山 行きに八ヶ岳PAで早めのお昼をガッツリ。
私は八ヶ岳の豚丼。食後にあんこクロワッサン🥐🤣
行きに八ヶ岳PAで早めのお昼をガッツリ。 私は八ヶ岳の豚丼。食後にあんこクロワッサン🥐🤣
御座山 旦那さんは生姜焼き定食。モツ煮付き🤣
旦那さんは生姜焼き定食。モツ煮付き🤣
御座山 長者の森キャンプ場。ここまでの道には断続的に積雪、凍結等あります。スタッドレスなら二駆でも来られます。
ただトイレが冬季閉鎖なので、麓のコンビニや野辺山駅前の公衆トイレ等で済ませてくる必要があります。
長者の森キャンプ場。ここまでの道には断続的に積雪、凍結等あります。スタッドレスなら二駆でも来られます。 ただトイレが冬季閉鎖なので、麓のコンビニや野辺山駅前の公衆トイレ等で済ませてくる必要があります。
御座山 出発〜
出発〜
御座山 こちらが登山口
こちらが登山口
御座山 すぐに積雪あり。凍結は無いのでまずは滑り止めなしで
すぐに積雪あり。凍結は無いのでまずは滑り止めなしで
御座山 この道標で林道歩きは終わり
この道標で林道歩きは終わり
御座山 斜面に取り付いたところから斜度が上がり、
重荷のためアイゼンを履きました。
この後日当たりの良いところで少し雪が途切れる箇所があるので、チェーンスパイクでも良いかもしれないし、ツボで登れる人はそれでも良いかも
斜面に取り付いたところから斜度が上がり、 重荷のためアイゼンを履きました。 この後日当たりの良いところで少し雪が途切れる箇所があるので、チェーンスパイクでも良いかもしれないし、ツボで登れる人はそれでも良いかも
御座山 そこそこの登り。久しぶりに荷が重いのでヨタヨタと登ります(笑)
そこそこの登り。久しぶりに荷が重いのでヨタヨタと登ります(笑)
御座山 お‼️
お‼️
御座山 浅間山が真っ白け
浅間山が真っ白け
御座山 紅白の鉄塔につきました。ここでアイゼンを履くのも良いと思います
紅白の鉄塔につきました。ここでアイゼンを履くのも良いと思います
御座山 鉄塔から少し登ると白岩コースとの合流点。
左からくるのが白岩コース。トレースはありません
鉄塔から少し登ると白岩コースとの合流点。 左からくるのが白岩コース。トレースはありません
御座山 緩い稜線歩き。雪が吹き溜まっています。
シュカブラや雪庇を見ることができました。
雪が深く進みがさらに遅くなります
緩い稜線歩き。雪が吹き溜まっています。 シュカブラや雪庇を見ることができました。 雪が深く進みがさらに遅くなります
御座山 まだまだ続く緩い稜線歩き😂
まだまだ続く緩い稜線歩き😂
御座山 時折、このように急登でグッと上がるところが出てきます。足元は根や岩が隠れていて足をとられるところもあるので注意
時折、このように急登でグッと上がるところが出てきます。足元は根や岩が隠れていて足をとられるところもあるので注意
御座山 見晴台に到着。そろそろ太陽が山の向こうに消えていきそうです
見晴台に到着。そろそろ太陽が山の向こうに消えていきそうです
御座山 なんとかコースタイムをそれほどオーバーせずに前衛峰。石楠花の枝が荷物に引っかかって歩きにくいです
なんとかコースタイムをそれほどオーバーせずに前衛峰。石楠花の枝が荷物に引っかかって歩きにくいです
御座山 あれが御座山。まだ遠い。そして太陽は山の向こうに。
あれが御座山。まだ遠い。そして太陽は山の向こうに。
御座山 前衛峰からの下りは岩場に雪が薄付きの歩きにくい路面。アイゼン歩行なので気をつけて行きます
前衛峰からの下りは岩場に雪が薄付きの歩きにくい路面。アイゼン歩行なので気をつけて行きます
御座山 お腹が出ている人には辛い岩場です😂
鎖等ないので手足を一杯に使ってしっかり3点支持で通過する必要があります
お腹が出ている人には辛い岩場です😂 鎖等ないので手足を一杯に使ってしっかり3点支持で通過する必要があります
御座山 緩やかに下り鞍部へ
緩やかに下り鞍部へ
御座山 この先から最後の登りです
この先から最後の登りです
御座山 写真では伝わらない凄い急登です💦
写真では伝わらない凄い急登です💦
御座山 避難小屋が見えました〜😂
避難小屋が見えました〜😂
御座山 荷物を小屋に放って、山頂に向かいます。1分でこの開けた岩場に出ます
荷物を小屋に放って、山頂に向かいます。1分でこの開けた岩場に出ます
御座山 金峰山と残照
金峰山と残照
御座山 この痩せた岩場の先端が山頂
この痩せた岩場の先端が山頂
御座山 こちらは佐久方面になるのかな?
こちらは佐久方面になるのかな?
御座山 山頂到着‼️空の色が美しい〜😍
山頂到着‼️空の色が美しい〜😍
御座山 真っ暗になる前に間に合って良かった。
満足です☺️✨冷たい風も心地よく感じます
真っ暗になる前に間に合って良かった。 満足です☺️✨冷たい風も心地よく感じます
御座山 向かって右に両神山。割と近く見えますね
向かって右に両神山。割と近く見えますね
御座山 男山と天狗山
その右後方には八ヶ岳なんですが雲の中
男山と天狗山 その右後方には八ヶ岳なんですが雲の中
御座山 さて、夕景を見ることができたので真っ暗になる前に岩場を戻ります。
金峰山方面、ホント綺麗😍
さて、夕景を見ることができたので真っ暗になる前に岩場を戻ります。 金峰山方面、ホント綺麗😍
御座山 避難小屋に戻ってきました
避難小屋に戻ってきました
御座山 間もなく真っ暗になりますね
間もなく真っ暗になりますね
御座山 今回はフリーズドライのご飯。
私はmont-bellのベーコントマトリゾット。
これ、お湯入れて3分でできて、かなり美味しい‼️リピート確定。この中に茹でてきた卵を皮剥いて入れて一緒に温めていただきました😋
今回はフリーズドライのご飯。 私はmont-bellのベーコントマトリゾット。 これ、お湯入れて3分でできて、かなり美味しい‼️リピート確定。この中に茹でてきた卵を皮剥いて入れて一緒に温めていただきました😋
御座山 そしてコンビニで売っていた冷凍のタコ焼き。
銀だこですよ😆ホイルで包んで蒸し焼きにしました。意外といけました。あとは缶つまのホタテです。
そしてコンビニで売っていた冷凍のタコ焼き。 銀だこですよ😆ホイルで包んで蒸し焼きにしました。意外といけました。あとは缶つまのホタテです。
御座山 翌朝です。
テント内は暖かいのですが、2人だからなのか若干酸欠気味❓苦しい気がしてあえいでしまい何度も起きました。旦那さんも同じだった様子。
朝、小屋の中はマイナス5度でした。夜中はもっと冷えたかな。
あと今回ハクキンカイロをポケットに入れて寝ていましたが、ベンジン臭がシュラフの中、そしてテント内に充満してきてしまうため、風通しの良くないテントの中で使うには不向きだと判明。すごく暖かいので強い味方かと思ったけどダメ。中毒になったら怖いもんね。
翌朝です。 テント内は暖かいのですが、2人だからなのか若干酸欠気味❓苦しい気がしてあえいでしまい何度も起きました。旦那さんも同じだった様子。 朝、小屋の中はマイナス5度でした。夜中はもっと冷えたかな。 あと今回ハクキンカイロをポケットに入れて寝ていましたが、ベンジン臭がシュラフの中、そしてテント内に充満してきてしまうため、風通しの良くないテントの中で使うには不向きだと判明。すごく暖かいので強い味方かと思ったけどダメ。中毒になったら怖いもんね。
御座山 日の出の頃に岩場に出たらもう目の前は雲が多くてよい景色は望めず。
日の出の頃に岩場に出たらもう目の前は雲が多くてよい景色は望めず。
御座山 こんな感じ。八ヶ岳は行方不明🤣
こんな感じ。八ヶ岳は行方不明🤣
御座山 金峰山もこんなです
金峰山もこんなです
御座山 小屋へ戻ります
小屋へ戻ります
御座山 小屋の窓から外を見ると赤く染まっています
小屋の窓から外を見ると赤く染まっています
御座山 凄い焼けている
凄い焼けている
御座山 小屋の窓から樹間を通してご来光。真っ赤☀️
小屋の窓から樹間を通してご来光。真っ赤☀️
御座山 少し経つと赤みは消えてしまう
少し経つと赤みは消えてしまう
御座山 避難小屋内部。綺麗に維持されています
避難小屋内部。綺麗に維持されています
御座山 さて、帰りますか
さて、帰りますか
御座山 避難小屋からの急坂を下りきった鞍部。
ここに出てくる登山道があるのか?
道標がどこかを示しているが、トレースもないし不明
避難小屋からの急坂を下りきった鞍部。 ここに出てくる登山道があるのか? 道標がどこかを示しているが、トレースもないし不明
御座山 前衛峰へ今度は岩場を登り返す
ストックはしまった方が良いです
前衛峰へ今度は岩場を登り返す ストックはしまった方が良いです
御座山 足元注意です⚠️
足元注意です⚠️
御座山 岩場に薄付きの雪なのでアイゼンで岩場を歩ける技術が求められます。短い区間ですけどね
岩場に薄付きの雪なのでアイゼンで岩場を歩ける技術が求められます。短い区間ですけどね
御座山 前衛峰。3等三角点のようです
前衛峰。3等三角点のようです
御座山 見晴台から御座山を振り返る
見晴台から御座山を振り返る
御座山 昨日のトレース少し残ってます
昨日のトレース少し残ってます
御座山 鉄塔に戻りました
鉄塔に戻りました
御座山 ここでアイゼンを脱ぎチェーンスパイクへ。
もう凄い急で危ないところはないのでツボ足でも良いと思います
ここでアイゼンを脱ぎチェーンスパイクへ。 もう凄い急で危ないところはないのでツボ足でも良いと思います
御座山 林道へ戻ってきました
林道へ戻ってきました
御座山 登山口に帰還。この少し手前で雪はなくなります
登山口に帰還。この少し手前で雪はなくなります
御座山 旦那さん久しぶりのデカザックでした‼️
お疲れ様でした‼️
旦那さん久しぶりのデカザックでした‼️ お疲れ様でした‼️
御座山 帰りに北杜市の【とよしげ】さんでランチ‼️
上ロースがめちゃうまでした😋
帰りに北杜市の【とよしげ】さんでランチ‼️ 上ロースがめちゃうまでした😋
御座山 豚もいただきましたよ‼️
消費カロリーの補充完了✨
豚もいただきましたよ‼️ 消費カロリーの補充完了✨

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。