明神平から檜塚奥峰 今年一年のご褒美のような天気

2017.12.20(水) 2 DAYS Mie, Nara
hiroyuki
hiroyuki

活動データ

タイム

06:43

距離

12km

上り

1,210m

下り

1,210m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

青空と白い霧氷。ご褒美のような景色に出会えました。 みなさんの投稿で、軽アイゼンでも行けそうなようすだったので、今のうちにと行って来ました。駐車場までは雪もなく、問題なく入れましたが、登山口まではコンクリート道が凍っていて、アイゼンは早めに付けました。 スノーシューで快適に歩いている方たちと出会いました。明神平から奥峰までは、やっぱりスノーシューが欲しいですね。

帰り道、神社の境内から撮影 朝、車の中から真っ白な山頂が見えたときには、思わず歓声を上げてしまった。
アップで
登山口までのコンクリート道は結構凍っていました。気温は多分、氷点下。
氷瀑もカチカチ
明神の滝も結構凍っています
明神の滝を過ぎて、真っ白な薊岳が見えてきた。
つづら折りの道になると霧氷が始まった。
つづら折りの道が終わり、少し平坦になった辺りで陽が射してきた。
陽が射した霧氷が輝いて綺麗。
神々しい美しさに、しばらく立ち止まってしまった。
明神平が近くと、真っ青な空が待っていた。
薊岳
明神岳に向かう
明神岳に向かう尾根上は、今日一番の霧氷が広がっていた。
大普賢岳から弥山まで、今日はスッキリ見えた。
明神岳を下ると霧氷の大きさが少し小さくなっていた。
平坦な道に綺麗な林が広がっているので、関西とは思えない景色です。
この先、奥峰の山頂。
向こうに見える三峰山には、霧氷は全くありません。
奥峰からの大峰
明神平方面、霧氷の森が広がっている。
午後からの優しい光、風もなく、もっとのんびりとしたかったが、冬は日暮れが早いので先を急いだ。
明神岳山頂まで戻ってきた。登り返しは、雪が深く、軽アイゼンではきつかった。
明神平にさよならして、下ります。朝と違った午後の優しい光。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。