天空の石仏 津波戸山♥️

2021.10.19(火) 日帰り

活動データ

タイム

05:27

距離

4.9km

上り

597m

下り

598m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 27
休憩時間
1 時間 36
距離
4.9 km
上り / 下り
597 / 598 m
13
2 25
1 21
11

活動詳細

すべて見る

湯布院御鉢巡りの翌日は津波戸山へ。 新四国霊場石仏があるとのことで、気分は⤴️⤴️🆙。 新四国霊場石仏では9番、36番、38番に興味があるのでこの3仏はしっかりと見たい。(9番涅槃釈迦は不在でした。)この石仏群は大正初年、地主8名が多額の喜捨を募り山腹に新四国霊場石仏を設置したという。 この地は養老年間(717~724)に仁聞菩薩が開いた津波戸山水月寺があった場所とのこと。 中山仙境、田原山は陽のイメージだけどここ津波戸山は陰陽併せ持つ。日の当たる断崖絶壁ルートもあれば森ノ陰のルートもある多彩なルートだ。それに無数の鎖場。登った後でこんなに余韻が残る山はそうそうない。♥️♥️♥️ ここの石仏を調べた人の報告によれば8体の石仏がないとのことだが、弘法大師像だけの石仏はカウントしてないので実際はそれ以上の石仏が揃っていないことになる。一部順序が入れ替わったり、本尊の像容と異なる石仏もあったが、それ以上は首を突っ込まないことにしている。 国東半島は四国に近いせいか新四国霊場石仏は多いが西国33箇所石仏は見当たらない。私の知る限り小城観音だけだ。 この山は薮蚊が多そうなので、登るなら蚊のでない季節が良さそうです。 国東六郷満山、奧が深すぎです。 〆の♨️は杵築市山香温泉センター 住民外 ¥440 インスタ動画 https://www.instagram.com/tv/CVR7MkbM2FA/?utm_medium=copy_link

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。