八面山(大分県)の写真
読み方:はちめんざん

八面山(大分県)

659 m

体力度
1
体力度とは?

八面山(大分県)が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

八面山(大分県)のモデルコース

体力度
1

八面山 往復コース

  • 35分
  • 1.1 km
  • 42 m
体力度
1

八面山(大分県)の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

リアルタイム紅葉モニター

八面山(大分県)の基本情報

  • 八面山には巨石も多く、とくに「箭山権現石舞台」はみどころ
  • 山頂からは耶馬渓の山々、鶴見岳、由布岳が望める
  • 山頂付近まで車で行くことができ、散策コースもある

八面山は中津市のシンボルでもあり、四方八方どの方向から見てもほぼ同じ形に見えることから八面山といわれている。また、昔この山に矢竹が多く生えていたことから地元では箭山(ややま)ともよばれる。標高659mの卓状溶岩台地(メサ)である。八面山には巨石も多く、とくに石舞台としては日本一の大きさを誇る「箭山権現石舞台」はみどころで、登ると見晴らしがよい。「修験の道探訪コース」「金色渓谷コース」の2つの登山道があり、2つの散策コースもある。山頂は「しょうけのはな」と呼ばれ、耶馬渓の山々、鶴見岳、由布岳が望める。登山道は整備されており、初心者にも楽しめる。山頂付近まで車で行くことができ、散策コースもあり、いろんな楽しみ方ができる。中腹に八面山荘、ふもとに八面山金色温泉があり、登山後にリフレッシュできる。

八面山(大分県)の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

八面山(大分県)周辺の天気

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

八面山(大分県)周辺の山

YAMAP STORE