行縢山の写真
行縢山の写真
読み方:むかばきやま

行縢山

829 m

体力度
2
体力度とは?

行縢山が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

行縢山のモデルコース

体力度
2

体力度
2

体力度
2

行縢山の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

行縢山の基本情報

出典:Wikipedia

  • 大崩山の南方にある、大岩壁が要塞のようにそびえる個性的な岩山
行縢山(むかばきやま)は、九州南部に広がる九州山地の東部にそびえる山である。宮崎県延岡市に位置する。 西側にある標高829.9メートルの雄岳と東側にある標高809メートルの雌岳からなり、頂上付近は断崖となっている。東部に行縢川が流れ、日本の滝百選に選定された行縢の滝がある。近くの比叡山などと並んでロッククライミングのゲレンデにもなっている。 1400万年前、行縢山の北方に位置する大崩山の原型となったカルデラが大噴火を起こした。カルデラ外縁部の四万十層群と呼ばれる地層にマグマが貫入し、冷えて花崗岩からなる環状岩脈となり、浸食から取り残されてできた山の一つが行縢山である。行縢山は環状岩脈の南端部にあたる。 ふもとには宮崎県管理のロッジがあり、宮崎県内の小学校の林間学校の登山コースでよく使われるコースである。所要時間は2時間程度である。但し、二つ目の橋を渡りきった後から途中のほこら前までと、八合目から山頂までが勾配がきついため長距離登山のトレーニングとしても活用されている。

行縢山の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

行縢山周辺の天気

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

行縢山周辺の山

YAMAP STORE