高千穂峰(霧島山)の写真
高千穂峰(霧島山)の写真
読み方:たかちほのみね

高千穂峰(霧島山)

1574 m

体力度
3
体力度とは?

高千穂峰(霧島山)が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

高千穂峰(霧島山)のモデルコース

高千穂峰(霧島山)の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

高千穂峰(霧島山)の基本情報

出典:Wikipedia

  • 日本神話・天孫降臨の伝説が残る山
  • 坂本龍馬が妻のお龍と新婚旅行で訪れたといわれる
  • 火山ならではの荒凉とした雰囲気が魅力的な山
高千穂峰(たかちほのみね)は、宮崎県と鹿児島県の県境に位置する火山。標高は1,574 mで、霧島連峰の第二峰。日本二百名山の一つ。 典型的な成層火山であり、西部に活火山である御鉢(おはち)、東部に二ツ石の寄生火山を従えた美しい山容を示し、山体は霧島錦江湾国立公園に指定されている。 行政境界が入り組んでおり、宮崎県小林市、西諸県郡高原町、都城市の境界部に、鹿児島県霧島市(旧姶良郡霧島町)が御鉢西斜面、火口内縁部分として割って入り込む形となっており、北斜面は小林市、南斜面は都城市に属する。なお、御鉢西斜面内凹縁線とそれに繋がる御鉢火口内縁線そのものが、宮崎・鹿児島両県の県境となっている。山頂部は宮崎県西諸県郡高原町に属する。 霧島連峰の第一峰である韓国岳が山塊中の一峰であるのに比べ、高千穂峰は都城盆地他平野部から直接望まれ、都城盆地にしばしば発生する雲海に対し山頂部が島に見えることから霧島の名の由来ともなったとされる。天孫降臨神話の地とされており、山頂にある青銅製の天逆鉾が、霧島東神社(きりしまひがしじんじゃ)の御神体(社宝)として崇められている。

高千穂峰(霧島山)の動画

高千穂峰(霧島山)の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

高千穂峰(霧島山)周辺の天気

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

高千穂峰(霧島山)周辺の山

YAMAP STORE