水多いな😯
そんな中でも陽はまた昇る
山頂鎖場手前の絶景スポット
清滝!
今日は水が落ちている😅
いい降り☔️
苔アップ✨
こちらの狛犬さん、ただならぬ雰囲気
本当すばらしかったなぁ
たまらんね
お祈りして間も無く、山側からカラカラって音してあっ、と思った瞬間に最大15cmほどの落石が続け様に目の前飛んできた💦
頭に当たらなくて良かった😮‍💨

モデルコース

日向大谷口バス停-日向大谷口-両神神社-両神山 往復コース

コース定数

標準タイム 07:51 で算出

きつい

33

  • 07:51
  • 9.1 km
  • 1559 m

マイカーであれば登山口にある両神山荘を目指す。公共交通機関を利用する場合は秩父鉄道三峰口駅から小鹿野町町営バスが運行されている。登山道は複数あるが、この日向大谷を起点に往復するコースがもっとも一般的なコースとされる。比較的距離はあるが、鎖や階段を含む登山道はよく整備されている。山頂は非常に狭いため、余裕があればその先の東岳で休憩をとることをおすすめしたい。鎖場が点在しているが、落石も少ない地質のため初心者も気をつけて通行すれば問題ない。下山道に七滝沢コースを選んでいるが、このコースは比較的難易度が高いため、初心者は上りと同じルートを戻る方が安全だろう。

コースマップ

タイム

07:51

距離

9.1km

のぼり

1559m

くだり

1559m

標高グラフ

チェックポイント

このコースで通過する山

このコースを通る活動日記

  • 13
    5

    04:43

    7.0 km

    956 m

    撤退!両神山(日向大谷口から)

    両神山・諏訪山・二子山 (埼玉, 群馬)

    2024.06.17(月) 日帰り

    先月は雨でなかなか山に行けず。夏のアルプス前に練習登山で選んだのは埼玉県No1の両神山。 梅雨前なのに暑さと湿度のある天気でしたが、沢沿いの道は少し風もあり気持ちよかったです。 そんな中序盤からいつも以上に汗をかき、体調ちょっと心配。 こんな時に限って両足に靴擦れ発生。 表参道からは全く楽しめない苦行となってしまいました。 結局、清滝小屋で登頂断念して引き返しました。 根性なかったのが1番の理由かもしれませんが、無事に下山できたし、また今度トライすればいいやと自分に言い聞かせながら。 いい教訓にしたいと思います。 その後訪れた温浴施設(天然自家源泉 星音の湯)は今日一番のヒットでした。

  • 13
    23

    05:06

    10.6 km

    1541 m

    両神山

    両神山・諏訪山・二子山 (埼玉, 群馬)

    2024.06.17(月) 日帰り

    早朝に駐車場に行ったら車が1台も止まっていない。ちょっと不安を感じつつ出発した。 途中滑落注意の標識がいくつもあった。前半は片側が切れ落ちた斜面を行った。 それからの急登は脚に来た。 山頂には木があって視界が遮られている。それに遠方の山はガスっていた。

  • 33
    15

    05:29

    9.9 km

    1354 m

    両神山 日向大谷口ピストン

    両神山・諏訪山・二子山 (埼玉, 群馬)

    2024.06.16(日) 日帰り

    【費用】 日帰り合計:7006円 交通費(東京から、片道合計:2363円) 新宿-池袋:山手線167円 西武池袋駅-西武秩父駅:特急ちちぶ号1696円 西武秩父駅-日向大谷口:小鹿野町営バス500円 風呂代 西武秩父駅前温泉 祭の湯:1380円 飲食代 両神山荘:アサヒスーパードライ350ml 500円 コインロッカー 400円 【レポート】 6月16日(日) 麓の天気は晴れ、最高29℃(前日夜は雨) 山頂は15℃程度、半袖でも過ごせるが、一応ウルトラライトダウンを携帯。 スタートから30分ほど、会所という札を過ぎたあたりから、ずっときつい登り。前日雨が降り、若干滑りやすさもあるが、登山靴があれば危険性はさほど高くない。山頂の岩は広くはないが、周囲の木々より少し高く、なんとか眺望はとれている。 下山後はバスまで1時間ほどあったので、登山口付近にある両神山荘でビールとご厚意のお漬物をいただく。両神山荘の女将さんから、山小屋の前はこんにゃくや蚕などで生計を立てていた話、当時は行者が多かった話など聞く。 バスは本数が限られているので終バス(17:05日向大日口発)には注意。登山口までタクシーを呼ぶこともできなくはなさそうだが、一万円程度はかかりそうだし、おすすめはしない。 帰りに駅前の温泉でさっぱり。特急の新車両「ラビュー」で東京へ。現代秩父の醍醐味。

  • 16
    10

    05:33

    9.6 km

    1401 m

    科学大アルピニズム in両神山

    両神山・諏訪山・二子山 (埼玉, 群馬)

    2024.06.16(日) 日帰り

    会社勤めから3か月、日々蓄積されたストレスを大自然に解放してきました。山は全てを受け入れてくれますね。いや、山は受け入れてくれてないのかもしれませんが、僕は勝手に邪気を流させていただいております。どうもありがとう。 元運動部の同期3人組でちょっくら行ってきましたが、ペースも相まって中々タフな登山でした。 リーダーのスワンさんがガシガシ飛ばし、我々は必死に食らいつきました。彼、なかなかできるね、うん。 清滝の分岐点までは想定通り緩い登山道が続きました。木陰も気持ちよく、この段階では防止や日焼け対策の長袖も不要だと思います。 急登続きの後半もずっと木陰ですが、ほぼノンストップで登り続けなのでペース配分は重要です。自分達はハイペースで小まめな休憩を多数入れていましたが、後続のローペースのパーティーに小休止の度に追い付かれ、ペース配分(もしくは純粋な体力)の重要性に気付きました、、笑 鳥居を迎えてからは楽園で、あとは余生を楽しむのみです。眺望は望めないと思ってましたが、いいものが見れました。付近の山々は生憎の曇りでしたが、晴れのときは期待できそうです。

  • 18
    10

    08:03

    10.5 km

    1473 m

    両神山

    両神山・諏訪山・二子山 (埼玉, 群馬)

    2024.06.16(日) 日帰り

    2年ぶりくらいに二度目の両神山。 前回初めて登った時は雪が積もってたなぁ…今回は暑い。 そして前回同様下りでお膝激痛⤵ 話した結果、八丁峠からしか今後登らない๑•̀ㅁ•́ฅ✧が決定♪ 八丁峠からの方が辛くない😃