岡山市 北区

出典: Wikipedia

北区(きたく)は、岡山県岡山市にある行政区。同市の政令指定都市移行に伴い、2009年(平成21年)4月1日に設置された4つの行政区のうちの一つ。同市の市役所、および岡山県庁所在区。同市中心市街を含む北西部を占め、面積・人口・人口増加率とも4区のうちで最大である。また区域は備前国域を中心に、備中国・美作国の三国に渡っている。

このエリアについて

掲載されている山

岡山市 北区

  • 難易度
    1
    体力度
    1

    龍ノ口山は、岡山市街地北東部に連なる山々のひとつで、標高256mの山。麓の「龍ノ口グリーンシャワー公園」は、平成改元を記念して岡山県が都市近郊の森林公園として整備した場所。その際、指導標識や登山道などが整えられている。山頂からの眺めは素晴らしく、岡山の中心街はもちろん、金甲山や貝殻山、児島湾、瀬戸内の島々などを望み、天候に恵まれると四国の山並みも目視できる。山頂より少し北側の220m峰には古くから受験の神様として知られている龍ノ口八幡宮がある。境内は戦国時代の山城跡で、岡山城主の池田光政が戦いの神様として八幡宮を祀ったのがはじめとされている。登山道はゆるやかなアップダウンで、テープや道標がしっかりあるので登りやすく、初心者にもおすすめだ。

  • 操山

    標高:168 m

    難易度
    体力度

  • 小廻山

    標高:198 m

    難易度
    体力度

    岡山市北東部にある、標高198mの山。独立小山塊の大廻山(おおめぐりやま・192m)・小廻山の山上にはかつて古代山城があり、文献に記載が見えない古代山城(いわゆる神籠石系山城)の1つで、現在一般的な山名を冠する城名は後世の命名による。城は大廻・小廻山の山上に土塁を巡らすことによって構築されており、特に3ヶ所の谷部では石塁の水門の構築が認められている。東アジア情勢が緊迫した7世紀頃に築造されたと推定され、発掘調査の結果、土塁線や一の木戸等の水門、石塁構造が確認されている。城跡域は2005年(平成17年)に国の史跡に指定された。藪に覆われている箇所もあるので、登山時には注意が必要。

  • 芥子山

    標高:232 m

    難易度
    体力度

    岡山県岡山市東部の、芥子山小学校の北に位置し、西大寺地域の最高峰(標高232m)で、山容は円錐状を呈する。その美しい姿から、「備前富士」と称され、後楽園の借景ともなっている。山頂は、公園として整備されており眺望が素晴らしく、小島半島、小豆島など瀬戸内海を望み、眼下には吉井川から日大寺地区の田園が広がる。南側の岩場は、隠れた初日の出スポットだ。西に延びる尾根上には大多羅寄宮跡(国の史跡)がある。また南東の山腹には国の重要無形民俗文化財に指定の西大寺会陽(はだか祭り)にゆかりの寺院・無量寿院がある。南尾根を降りるルートは、展望も効き、史跡を巡ることもできる魅力的なルートとなっている。

  • 難易度
    体力度

    雨乞山(標高889m)は湯原温泉を守るように立ち、かつて干ばつに見舞われた際に山頂で雨乞いをしたことからその名がついたという。登山口は、南側下湯原温泉の313号線旧道からと西側湯本神社からがある。北側の古屋不動滝からもあるが、やぶに覆われ通行困難。西側も道中はやぶ化しているところもあり注意が必要。南側から山頂までのルートは案内もあり登りやすく、途中の展望台からは南西に櫃ヶ山、南に三坂山が見え、北西に大山を望み、展望がひらける。展望台からしばらく登れば山頂に着き、山頂には三角点がある。春にはイワウチワが見られ、新緑と紅葉の季節が楽しめる。北側登山口の「古屋不動滝」も見どころ。近くに、下湯原温泉、湯原温泉があり登山の帰りにリフレッシュできる。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す