篠栗四国八十八箇所

出典: Wikipedia

【ご注意】 こちらの地図は現在修正中のため表示に不備がございます。 篠栗四国八十八箇所(ささぐりしこくはちじゅうはちかしょ)とは、福岡県糟屋郡篠栗町にある、空海(弘法大師)を拝する88か所の霊場の総称である。篠栗八十八箇所または単に篠栗霊場とも呼ばれる。

このエリアについて

掲載されている山

篠栗四国八十八箇所

  • 体力度
    3

    篠栗町と須恵町の境界にある山で、標高は681m。三郡山地に属する。ここは九世紀に唐から帰朝した空海(弘法大師)が修法した土地である。1835年、尼僧慈忍が八十八カ所の霊場の創設を発願し、1854年にその全体の札所が整えられた。四国と同じく八十八カ所すべてをめぐると願いがかなうといわれる「篠栗四国霊場八十八ヶ所めぐり」で知られる。山は全体が杉林で覆われ、中腹より上部に大杉が点在。山頂に展望はないが、登山ルートの要所で展望を楽しむことができる。JR篠栗駅から登るルートなら、太祖神社や若杉楽園に立ち寄るのも良い。また、米ノ山~若杉山~岳城山を巡るミニ縦走コースも人気。米ノ山、岳城山は展望台があり福岡市街や玄界灘を望むことができる。砥石山を経て三郡山方面まで歩くことができるので、しっかり計画を立てて縦走するのもいいだろう。

  • 岳城山

    標高:381 m

    体力度
    2

  • 体力度
    1

  • 畝原山

    標高:666 m

    体力度
    3

  • 体力度
    3

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す