百間山・半作嶺・三ッ森山

出典: Wikipedia

このエリアについて

掲載されている山

百間山、百間山渓谷、半作嶺、三ッ森山

  • 半作嶺

    標高:893 m

    体力度
    1

  • 百間山

    標高:999 m

    体力度
    2

    百間山(ひゃっけんざん)は、和歌山県田辺市に位置する標高999mの山である。紀伊半島南部のほぼ中央部にそびえ、日置川の源流にあたる。南麓の登山口から百間山をめざす登山道は熊野(ゆや)川の支流にあたる百間谷に沿って付けられており、百間山渓谷トレッキングコースとして吊り橋や遊歩道が整備されてる。梅太郎淵・ふたおい釜・三十三尋の滝・夫婦滝など数々の滝、奇岩、甌穴(ポットホール)が連続し、大塔日置川県立自然公園にも指定されている。犬落の滝から奥は本格的な登山道となり、稜線に出た大岩からは目の前に百間山がそびえている。山頂からは眺望はないものの、三等三角点「百間山」が設置されている。

  • 体力度
    1 2

    法師山(ほうしやま)は、和歌山県田辺市に位置する標高1120mの山である。北東麓の宗小屋谷と安川の合流点からと、南西麓のタママツ尾根登山口から登山道が伸びている。山中にはシャクナゲの群落があり、例年5月下旬に見頃を迎える。稜線部には紀伊半島と四国の山岳部でしか見られないアケボノツツジも咲き、こちらは例年ゴールデンウィーク前後に見頃を迎える。山頂からの展望は素晴らしく、東にそびえる同じく関西百名山の大塔山はもちろん、大峰山脈や太平洋までの大パノラマが広がる。新緑や紅葉の時期には百間山渓谷から坂立峠を経て、タママツ尾根登山口から縦走するコースもおすすめである。

  • 体力度
    1

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す