熊本市(中央エリア・北エリア)

出典: Wikipedia

熊本市(くまもとし)は、日本の熊本県にある市の一つ。同県の県庁所在地、政令指定都市である。 【概要】 総面積約390km²の市域に、県内人口の約40%にあたる約73万4千人(平成22年国勢調査)の市民が住む。日本の市としては17番目、九州では福岡市・北九州市に次いで3番目に人口が多い。2012年(平成24年)4月1日に政令指定都市に移行した。 肥後国府や肥後国分寺が置かれた地である。現在の市街は、熊本藩細川氏54万石の城下町を基礎に発展してきた。戦前は陸軍第6師団や国の出先機関が置かれ、九州を代表する軍都・行政都市として栄えた。2011年(平成23年)3月12日、九州新幹線鹿児島ルートが全線開通し、熊本駅に新幹線駅が併設された。 都心部は熊本城天守閣から見て南東から東に広がる。ただし、熊本城などからの眺望を確保するための環境基準により、都心部を含む熊本城周辺地域約550haには厳しい高さ制限がある。そのため都心部には高層ビルが存在しないが、当該地域の外にある熊本駅周辺が副都心に指定され、くまもと森都心などの高層ビルが立地する。また、都心部を囲むように立地する熊本駅・上熊本駅・新水前寺駅の3駅が交通結節とされており、都心部との間が熊本市電によってつながれている。

このエリアについて

掲載されている山

熊本市(中央エリア・北エリア)

  • 難易度
    体力度

    花岡山(はなおかやま)は、熊本県熊本市西区にあり標高132.2メートルの山である。山頂からは熊本市街が見渡せる。 JR熊本駅の北西側に位置する山で、金峰山の末端部が断層によって切り離されて形成されたと考えられている。南側には万日山があり地形的には繋がっている。 かつては朝日山や勢高山などと呼ばれていた。979年(天元2年)に祇園神社(現在の北岡神社)が鎮座してからは祇園山と呼んだ。 さらに1869年(明治2年)には桜を植樹したことから花岡山と呼ぶようになった。

  • 立田山

    標高:151 m

    難易度
    体力度

    立田山(たつだやま、たつたやま) は熊本県熊本市のほぼ中央に位置する標高151.7mの山である。 熊本市中心市街地から見て北東方向に位置する丘陵状の山で、金峰山の外輪山(熊ノ岳など)の生成と同時期に形成された孤立的火山である。 古くから人間が居住していた場所で、縄文・弥生時代の遺跡や遺物が出土している。 現在は、住宅地の中にありながら自然が残される場所となっており、ヤエクチナシをはじめとして多くの植物が自生し、市民の憩いの場ともなっている。「立田山ヤエクチナシ自生地」は国の天然記念物に指定されている。 濃い緑に覆われていたため黒髪山と呼ばれていたが、平安時代の歌人清原元輔(清少納言の父)が肥後へ国司として赴任したとき、この山の姿に奈良の龍田の里を偲んで名前を改めた等のという俗説があるが、定かではない。

  • 難易度
    体力度

    小萩山(おはぎやま)は、熊本県熊本市北区貢町にある標高415mの金峰山県立自然公園内にある山である。 周辺の主な山は金峰山の標高665m、熊ノ岳の685m、三ノ岳の681mがある。 小萩園などでは様々な種類の桜がある所である。またキンモクセイなど様々な花などがある。

  • 難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す