総社市

出典: Wikipedia

総社市(そうじゃし)は、岡山県中南部にある市。 【概要】 かつての吉備国の中心地域で、吉備分国後は備中国の国府がおかれ、国府が廃れた後も備中国の総社が今に残る。総社市総社地区は備中国総社宮の門前町・街道の宿場町・浅尾藩の陣屋町として栄え、総社宮を中心に町が構成されていたので通称「総社」と呼ばれていた(このころの正式な地区名は八部<ヤタベ>)。これが今日の総社という町の名の起源。 桃太郎伝説のモデルとされる吉備津彦命と鬼神・温羅の伝説が古来より残る。温羅の居城「鬼ノ城」跡がある。また、画聖・雪舟の生誕の地である。備中国分寺や大小多数の古墳など、遺跡・史跡が非常に多い。 現在の総社市は、2005年に初代・総社市、都窪郡山手村、清音村の1市2町が合併したに伴い新設された、2代目の市である。また、総社市と倉敷市真備町(旧・吉備郡真備町)で総社圏を構成しており、ごみ処理は同圏域において行っている。 また、かつて同じ吉備郡だった岡山市北区足守・高松、加賀郡吉備中央町大和(旧上房郡賀陽町南部)とも繋がりは強い。

このエリアについて

掲載されている山

  • 福山

    標高:302 m

    体力度
    1

    岡山県南部、倉敷市と総社市にまたがる、標高302mの山。ルートはおもに4つあり、各コースとも周遊コースで結ばれていて、歩きやすい里山である。なかでも総社ふれあい広場から出発し、巨岩展望台になっている幸山まで歩く「幸山」コース、南側の倉敷市浅原安養寺駐車場から登るコースが人気。幸山からの展望は素晴らしく、前方後円墳の丘、五重塔、国分寺跡、発掘・復元が図られている鬼ノ城山などが眼下に広がっている。また東側の西郡集落から八畳岩、菩薩安置道を経て展望台にいたるコース、西側の歴史広場の駐車場から古墳群を抜ける直登コースがある。足繁く通う地元のハイカーもおり、身近に親しまれる山である。三角点のある福山山頂は眺望が開けており、古い城跡、桜の大樹などが迎えてくれる。

  • 鬼城山

    標高:396 m

    体力度
    1

  • 和霊山

    標高:222 m

    体力度
    1

  • 体力度
    1 2

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記