松江市

出典: Wikipedia

松江市(まつえし)は、島根県東部(出雲地方)に位置する市で、同県の県庁所在地である。2012年(平成24年)4月1日に特例市に移行した。 【概要】 宍道湖と中海に挟まれた地域に広がる都市。松江藩の城下町を中心に発展してきた山陰の中心都市であり、鳥取県米子市とともに中海・宍道湖経済圏の中核を担う。宍道湖から中海に注ぐ大橋川によって市街地は南北に二分され、北側が橋北(きょうほく)、南側が橋南(きょうなん)と呼ばれる。 1914年(大正3年)まで大橋川には松江大橋が架橋されていただけであったが、現在は西から順に宍道湖大橋・松江大橋・松江新大橋・くにびき大橋の4大橋が市街地に架橋されており、くにびき大橋の東側に松江だんだん道路の縁結び大橋(2012年3月24日開通)が、河口付近に中海大橋が架橋されている。 宍道湖畔、大橋川の両岸に築かれた町であることや、松江城下の堀川の保存状態も良いことから「水の都」とされ、水郷水都全国会議の第1回会議は松江市で開催された。

このエリアについて

掲載されている山

松江市

  • 難易度
    体力度

    雲南市にある、標高171mの山。この山からは遺跡が出土しており、1万点を超える中世土器の中には、灯明皿(とうみょうざら)として使われた坏や皿などが多数含まれている。堀立柱(ほったてばしら)建物も五棟(推定)確認されており、鉄釘のほか通常の建物には使われない飾り釘も出土していることから、宗教施設が存在していたと思われる。またこの尾根上で宗教施設に伴った小鍛冶が行われていたことも考えられる。時期は平安時代、9世紀〜12世紀に跨っており、この地が長い間山岳仏教の修行信仰地として続いたことを窺わせる。駐車場からは、城名樋(きなひ)山へも登ることができるので余裕があるならぜひ立ち寄りを。山頂からは桜の名所・木次土手を見下ろすことができる。

  • 磨石山

    標高:308 m

    難易度
    体力度

    磨石山は、雲南市大東町阿用地区にある、標高308mの山。駐車場には案内板が設置され、そこから少し降りたところに井戸があり、皮膚病に効くと言われている。林道入口から上って200mほど上がれば蓮花寺があり、鐘楼のあるなかなか立派な寺なのでぜひ参拝しよう。くのじ展望台の標識から尾根道を10分ほど登ると東屋があり、ここからの展望は良く、阿用や大東の街並み、遠くは三瓶山や出雲北山から大社方面の海も望める。山頂には磨石(阿用)城跡があり、14世紀から16世紀、南北朝時代から室町時代にかけて阿用を支配していた土豪桜井氏居城跡である。山頂は木が繁っており、展望は望めない。

  • 峯寺弥山

    標高:299 m

    難易度
    体力度

    峯寺のすぐ南にある観音堂の前を通り、100mほど西に「遊山荘」があり、「神話の森峯寺森林公園」としてバンガローや遊歩道が整備されている。途中には野鳥観察小屋や展望東屋も整備されており、のんびり自然観察なども楽しめ、ファミリー登山にも適した山だ。遊歩道を登りきると、尾根道が弥山山頂へ続いている。電波塔を過ぎ少し下った向こうが山頂で、三角点もあり、眺望も開けている。北に出雲平野や宍道湖、南に木次の市街などが見渡せ、広く県境の山々を望むことができる。帰りは峯寺を参拝して帰ろう。峯寺は、真言宗御室仁和寺派に属し、斉明四年(658年)役行者小角の開基といわれ、古来より真言宗密教の霊場として、出雲修験道山伏の根本道場として奥出雲屈指の字寺院である。

  • 京羅木山

    標高:473 m

    難易度
    体力度

    京羅木山(きょうらぎさん)は、島根県松江市と安来市との境界に聳える山である。『出雲国風土記』では『高野山』と呼ばれていた。頂上からは大山、中海、宍道湖などが望める。

  • 布部要害山

    標高:183 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す