大阪市

出典: Wikipedia

大阪市(おおさかし)は、日本の近畿地方、大阪府のほぼ中央に位置する市で、同府の府庁所在地である。政令指定都市に指定されている。 【概要】 大阪市は、近畿地方の行政・経済・文化・交通の中心都市であり、市域を中心として、大阪都市圏および京阪神大都市圏が形成されている。大阪市の2007年度の市内総生産は約21兆円で、政令指定都市中最大であり2倍から3倍の人口を擁する埼玉県や北海道、兵庫県など1つの道府県の県内総生産を上回る。京阪神大都市圏の圏内総生産は、国内では首都圏に次ぎ、世界的にも上位にある。また市内の従業者数、事業所数、上場企業本社数は共に東京23区に次いで国内2位である。夜間人口は横浜市に次いで全国2位の約267万人、人口密度は全国の市で5位(政令指定都市中で1位)、昼間人口は市外から多くの通勤通学者が流入するため東京23区に次ぐ約369万人となる。近年では都心回帰が顕著で、中心部三区を中心に増加傾向にある。(中略)

このエリアについて

掲載されている山

大阪市

  • 天保山

    標高:4 m

    体力度

    天保山(てんぽうざん)は、大阪府大阪市港区の天保山公園にある、人工的に土を積み上げて作って造られた山(築山)。 標高4.53mの築山。国土地理院発行の地形図に山名と共に掲載されており、山頂には二等三角点がある。大阪市ホームページ内では日本一低い山と記載があり、天保山山岳会でも日本一低い山としている。しかし、2014年4月9日の国土地理院の調査で、日和山(宮城県仙台市)の標高が震災の影響で変化したことにより、日本で2番目に低い山となった。また、この山は大阪五低山の中の1座とされている。

  • 体力度

  • 体力度
    1

    双子山(ふたごやま)は、大阪府堺市北区に位置する標高33mの山で、大泉緑地内にある。堺市と松原市にまたがる大泉緑地は、服部緑地・鶴見緑地・久宝寺緑地と並ぶ大阪四大緑地のひとつで、101.5haを誇る広大な敷地を有している。その北側に位置する大泉池の沿岸には、時計回りに双ヶ丘(ならびがおか・27.8m)・双子山(ふたごやま・33.3m)・小笠山(おがさやま・29m)・笠伏山(かさぶせやま・29m)と低山が連なっており、双子山はその最高峰である。山頂周辺の伸びやかな芝生の広場は憩いの場、春には一面の桜で彩られる。

  • 聖天山

    標高:14 m

    体力度

  • 真田山

    標高:10 m

    体力度

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す