開聞岳と日本人のルーツ

2021.02.23(火) 日帰り
silentorange
silentorange

活動データ

タイム

05:47

距離

13.7km

上り

984m

下り

1000m

活動詳細

もっと見る

端正なコニーデのシルエットと 幾何学的な螺旋状の登山道を誇る 開聞岳へ。 富士山と同様、 過去に何度か噴火している。 近くの橋牟礼川(はしむれがわ)遺跡にも かつて大量の火山灰をもたらした。 火山灰の層が縄文土器と弥生土器を の間に位置していたことから 100年前に縄文時代・弥生時代が はじめて区別された。 ※それまでは 縄文人と弥生人が同時代に混在していた という説が主流だった。 開聞岳噴火がなければ 弥生時代は存在しないことに なっていたのか... 日本の考古学の脆弱さ💧 話は少しそれるが 日本の遺跡の大半は 50年代の考古学ブームで発掘されたもの。 敗戦によって天皇の神話が崩壊し 「日本人とはなにか」という問いに答える 皇室よりも古い民族的な原点、 アイデンティティが渇望されていた。 その穴を埋めるのが、 旧石器から弥生時代までの日本人像だった。 それゆえ、 第二次世界大戦が起きなかった場合、 そして玉音放送がなかった場合の 考古学の停滞を考えるとゾッとする😨

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす