星越峠から大代山周回

2021.01.11(月) 日帰り

活動データ

タイム

03:17

距離

9.7km

上り

770m

下り

777m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 17
休憩時間
3
距離
9.7 km
上り / 下り
770 / 777 m
27
2 16
23

活動詳細

すべて見る

南から端正な山容を見せる大津富士の、その北側に更に高い双耳峰がある。 これが大代山である。 10年ほど前にこの山に登れないか何度かチャレンジしたが、藪に阻まれて行けなかった。 しかしこの度別の方の山行記録があったので、参考にさせて頂いて再チャレンジした。 登山口は天円山にも行ける星越峠からとした。 標識は無いが峠からほんの少し南に降りたところに山に入る踏み跡と古道があり、これを伝っていく。 下部は石垣など人の痕跡はあるが、登っていくにつれて何も無くなってくる。踏み跡もテープも非常に薄くなり、シダが生えてない急な谷を強引に登っていった。 稜線は様々な踏み跡が合流するからか比較的道ははっきりしており、山頂までは楽に行ける。 山頂は小さな広場となっているが展望は開けない。 山頂からは西、東、南の三方への踏み跡とテープがあった。 三角点のある西峰から東峰へ。 東峰は特に何も無い場所。 はっきりとした道が下方に続いているので降りてみたところ、鉄塔巡視路に合流した。 おそらく大代山はこの鉄塔巡視路を使って登るのが最も楽だろう。 歩きやすく、景色も綺麗である。 以降、鉄塔巡視路を主に用いて星越峠へ帰っていった。 しかし谷裾部の竹藪の中の道はほとんど踏み跡無く荒廃しており、非常に玄人向け。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。