岳、旭山、ヒキノ、土倉岳、御池岳の霧氷を満喫-2019-12-21

2019.12.21(土) 日帰り
Heart Gold
Heart Gold

活動データ

タイム

07:29

距離

31.5km

上り

2180m

下り

2181m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

岳からヒキノまでの気持ち良い稜線、御池岳の霧氷と期待以上の山行でした。 奥永源寺の道の駅から岳、旭山、ヒキノと今まで登ったことの無い土倉岳まで縦走し、君ヶ畑から15時の東近江ちょこっとバスで道の駅に戻るプランを計画。 7時半道の駅をスタート。岳の登りは登山道が分かりにくく、激登りであることはリサーチ済み。途中までルートははっきりしていたが、急に不鮮明に。そんなことにはお構いなく、急斜面をよじ登るがかなり苦戦し、なんとか岳に到着。岳を降りてからは、なだらかな稜線が続き、気持ちよく縦走する。送電線の鉄塔付近の見晴らしが良く、気分転換にもなる。今日は最低でも土倉岳までは行きたいと思っていたが、アップダウンが少なく、いいペースでノタノ坂に到着。ここまで約3時間。ひょっとすると御池岳まで行けるかも。土倉岳までの登りも大したことなく、まだ11時過ぎ。当然、御池岳までアタックする。御池岳周辺のテーブルランドは白っぽく、木々には霧氷が着いている模様。テーブルランド上に登ると、それはそれは見事な霧氷。気温が高めで、徐々に溶け落ちてきているが、なかなかの情景。御在所岳の霧氷は見慣れているが、違った美しさがあった。順調に下山し、バス停には1時間以上前に到着。結局、道の駅まで11kmランして終了となりました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす