夏の高原を見晴らす禿岳へ…

2019.08.17(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 49
休憩時間
37
距離
5.4 km
のぼり / くだり
510 / 508 m
1 49
1 37

活動詳細

すべて見る

日本海へ過ぎ去った台風の残り風に吹かれて、東に宮城の鬼首カルデラ、西に山形の最上地方を望む禿岳の尾根を辿りました。

禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 登山口の花立峠は最上地方から吹く風のとおりみち…さあ、禿岳めざして歩き出そう
登山口の花立峠は最上地方から吹く風のとおりみち…さあ、禿岳めざして歩き出そう
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 平坦な道を歩き始めてほんの数分、いきなり1合目…からかわれてるのかなあ?🤔
平坦な道を歩き始めてほんの数分、いきなり1合目…からかわれてるのかなあ?🤔
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 そこから10分足らずでもう2号目…こんな調子で山頂へ着いてしまうはずがない😅
そこから10分足らずでもう2号目…こんな調子で山頂へ着いてしまうはずがない😅
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 ほどなく3合目も出現しました…禿岳の合目の区切り方にはポリシーを感じます😚
ほどなく3合目も出現しました…禿岳の合目の区切り方にはポリシーを感じます😚
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 そっぽ向いた4合目…山登り大先輩いわく、ここから登りが段々きつくなるよと
そっぽ向いた4合目…山登り大先輩いわく、ここから登りが段々きつくなるよと
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 木にぶら下がったバラバラの5合目…汗がポタポタと地面にしみ込んで行きます🤣
木にぶら下がったバラバラの5合目…汗がポタポタと地面にしみ込んで行きます🤣
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 しゃっきりした6合目…写真ではこの坂のキツさと手応えをお伝えできずに残念😓
しゃっきりした6合目…写真ではこの坂のキツさと手応えをお伝えできずに残念😓
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 またそっぽ向く7合目…視界の開ける細尾根も通るけど、緊張して写真を撮れず😖
またそっぽ向く7合目…視界の開ける細尾根も通るけど、緊張して写真を撮れず😖
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 おもむろに8合目…むき出しの尾根から樹林帯の中へ入ると風も弱まりひと安心☺️
おもむろに8合目…むき出しの尾根から樹林帯の中へ入ると風も弱まりひと安心☺️
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 剥げて傾いて木に寄りかかってる9合目…大丈夫ですかと声をかけたくなります🤭
剥げて傾いて木に寄りかかってる9合目…大丈夫ですかと声をかけたくなります🤭
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 山頂から鳥海山や船形山も望めたはずが…最上平野からの風に乗った雲で真っ白😵
山頂から鳥海山や船形山も望めたはずが…最上平野からの風に乗った雲で真っ白😵
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 同じ風のおかげで雲が切れると、ここまで歩いて来た道と帰る道の峰々が見渡せます
同じ風のおかげで雲が切れると、ここまで歩いて来た道と帰る道の峰々が見渡せます
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 鬼首カルデラを囲む切り立った外輪山…身を乗り出したら尾根から谷へ落っこちそう
鬼首カルデラを囲む切り立った外輪山…身を乗り出したら尾根から谷へ落っこちそう
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 火の沢や不動沢を抱く禿岳の山肌も稜線もただただ美しく、つい立ち止まりたくなる
火の沢や不動沢を抱く禿岳の山肌も稜線もただただ美しく、つい立ち止まりたくなる
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 花立峠へ戻れば風衝地帯特有の風…こうして押さえてないと帽子を飛ばされそうです
花立峠へ戻れば風衝地帯特有の風…こうして押さえてないと帽子を飛ばされそうです
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 禿岳は表情の豊かな山…季節を違えてまた違った色彩の中を歩いてみたいものですね
禿岳は表情の豊かな山…季節を違えてまた違った色彩の中を歩いてみたいものですね
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 笹原に風が吹き渡ると、笹の葉たちは一斉になびいてサワサワサワ…とささやきます
笹原に風が吹き渡ると、笹の葉たちは一斉になびいてサワサワサワ…とささやきます
禿岳(小鏑山)・小柴山・大柴山・花渕山 鬼首カルデラの牧場では、黒毛の牛たちがのんびりと自分の時間を過ごしていました
鬼首カルデラの牧場では、黒毛の牛たちがのんびりと自分の時間を過ごしていました

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。