妙見岳・国見岳・立岩の峰・普賢岳(雲仙岳)

2023.09.28(木) 日帰り

気温も落ちついたので行ってみました。

国見岳で見下ろす。

国見岳で見下ろす。

国見岳で見下ろす。

蜘蛛がいた、あまり見たことないやつ

蜘蛛がいた、あまり見たことないやつ

蜘蛛がいた、あまり見たことないやつ

小さい秋、見つけました!

小さい秋、見つけました!

小さい秋、見つけました!

激下り!

激下り!

激下り!

一番派手なやつみつけた!

一番派手なやつみつけた!

一番派手なやつみつけた!

蓮三のパン!

蓮三のパン!

蓮三のパン!

なんだこれ?パイプの残骸みたいなやつ、かわいい🤗

なんだこれ?パイプの残骸みたいなやつ、かわいい🤗

なんだこれ?パイプの残骸みたいなやつ、かわいい🤗

やっぱ☂ですか!?

やっぱ☂ですか!?

やっぱ☂ですか!?

国見岳で見下ろす。

蜘蛛がいた、あまり見たことないやつ

小さい秋、見つけました!

激下り!

一番派手なやつみつけた!

蓮三のパン!

なんだこれ?パイプの残骸みたいなやつ、かわいい🤗

やっぱ☂ですか!?

この活動日記で通ったコース

雲仙岳 池の原園地〜三岳周回コース

  • 04:15
  • 5.4 km
  • 672 m
  • コース定数 16

駐車場のある池の原園地をスタートする。石段を標高差200メートルほど登ったところにある仁田峠は雲仙岳観光の拠点としても扱われ、ひときわ大きな駐車場があるためここからスタートするのもよい。仁田峠から雲仙ロープウェイを利用すればよりお手軽登山を楽しめるが、ここではロープウェイは利用しないパターンを紹介する。最初に到達するピークは妙見岳で、頂上には妙見神社が佇む。ここからの縦走路は浅い樹林帯を進むため、時折開ける視界からは普賢岳や平成新山、国見岳が見え、開放的な山歩きを楽しめる。国見岳直下は本格的な鎖場があるので注意だ。慣れれば鎖場も普段と違った楽しさを見出せるだろう。最後に到達する普賢岳の頂上は岩の広場となっており、360度の展望を楽しみながら20人ほどが休憩できるスペースになっている。目の前の平成新山がかっこいい。