お化粧山・お姫山・五葉岳・鹿の子山・要山・夏木山 2days

2021.09.21(火) 日帰り

お化粧山登山口からお化粧山、五葉岳、夏木山。下山は大吹登山口へ。1泊1.5日。天候は雨のち晴れ。

お化粧山登山口からお化粧山、五葉岳、夏木山。下山は大吹登山口へ。1泊1.5日。

お化粧山登山口からお化粧山、五葉岳、夏木山。下山は大吹登山口へ。1泊1.5日。

お化粧山登山口からお化粧山、五葉岳、夏木山。下山は大吹登山口へ。1泊1.5日。

1日目。登山口まで行き着くのに手間取り、お化粧山登山口に15時到着。この時点で大崩山は断念。

1日目。登山口まで行き着くのに手間取り、お化粧山登山口に15時到着。この時点で大崩山は断念。

1日目。登山口まで行き着くのに手間取り、お化粧山登山口に15時到着。この時点で大崩山は断念。

お化粧山登山口まではGoogleマップではいかれません。日之影町から県道6号に入って13kmほど進むと、並行して流れる川を渡る4つ目(たぶん😅)の橋「仲村橋」があるので
右折してその橋を渡る。

お化粧山登山口まではGoogleマップではいかれません。日之影町から県道6号に入って13kmほど進むと、並行して流れる川を渡る4つ目(たぶん😅)の橋「仲村橋」があるので 右折してその橋を渡る。

お化粧山登山口まではGoogleマップではいかれません。日之影町から県道6号に入って13kmほど進むと、並行して流れる川を渡る4つ目(たぶん😅)の橋「仲村橋」があるので 右折してその橋を渡る。

「仲村橋」のたもとの標識

「仲村橋」のたもとの標識

「仲村橋」のたもとの標識

「仲村橋」を渡ってから700m程進むと最初の分岐。ここにも標識あり。この分岐を右方向へ。ここで舗装路とお別れ。落石、陥没、段差、路肩崩れ、グレーチング外れ、などなど
気の抜けない林道をひたすら進みます。
この林道、四駆でない車。乗用車での通行は
お勧めしません。FRモードの軽トラでは登れない所が5箇所ほどありました。

「仲村橋」を渡ってから700m程進むと最初の分岐。ここにも標識あり。この分岐を右方向へ。ここで舗装路とお別れ。落石、陥没、段差、路肩崩れ、グレーチング外れ、などなど 気の抜けない林道をひたすら進みます。 この林道、四駆でない車。乗用車での通行は お勧めしません。FRモードの軽トラでは登れない所が5箇所ほどありました。

「仲村橋」を渡ってから700m程進むと最初の分岐。ここにも標識あり。この分岐を右方向へ。ここで舗装路とお別れ。落石、陥没、段差、路肩崩れ、グレーチング外れ、などなど 気の抜けない林道をひたすら進みます。 この林道、四駆でない車。乗用車での通行は お勧めしません。FRモードの軽トラでは登れない所が5箇所ほどありました。

林道の入り口を探し、ボコボコの林道をトロトロ進んで、予定から3時間遅れでお化粧山登山口に到着。6号線仲村橋からは1時間弱かかります。

林道の入り口を探し、ボコボコの林道をトロトロ進んで、予定から3時間遅れでお化粧山登山口に到着。6号線仲村橋からは1時間弱かかります。

林道の入り口を探し、ボコボコの林道をトロトロ進んで、予定から3時間遅れでお化粧山登山口に到着。6号線仲村橋からは1時間弱かかります。

まずはお化粧山を目指しました。が、
いきなり土石流の跡かと思うような
ほとんど崖上り。テン泊装備を担いでの登りは正直かなりキツかったです。

まずはお化粧山を目指しました。が、 いきなり土石流の跡かと思うような ほとんど崖上り。テン泊装備を担いでの登りは正直かなりキツかったです。

まずはお化粧山を目指しました。が、 いきなり土石流の跡かと思うような ほとんど崖上り。テン泊装備を担いでの登りは正直かなりキツかったです。

予報は翌日の雨だったのに前倒しで16時頃から本降り☔️。とりあえず通過してテン場探し。

予報は翌日の雨だったのに前倒しで16時頃から本降り☔️。とりあえず通過してテン場探し。

予報は翌日の雨だったのに前倒しで16時頃から本降り☔️。とりあえず通過してテン場探し。

お姫山へのルート上に平坦地発見。

お姫山へのルート上に平坦地発見。

お姫山へのルート上に平坦地発見。

強くなったり弱くなったり、時折強風も伴って一晩中降り続いた雨は朝になってもやまず。夕焼け、星空、朝焼け、眺望、なーんにもなかったけど山の朝は気持ちいい。夜中は10℃くらいか。外はレインジャケット1枚羽織っただけじゃ寒かった。テントの中もシュラフに包まってないとダメな寒さ。

強くなったり弱くなったり、時折強風も伴って一晩中降り続いた雨は朝になってもやまず。夕焼け、星空、朝焼け、眺望、なーんにもなかったけど山の朝は気持ちいい。夜中は10℃くらいか。外はレインジャケット1枚羽織っただけじゃ寒かった。テントの中もシュラフに包まってないとダメな寒さ。

強くなったり弱くなったり、時折強風も伴って一晩中降り続いた雨は朝になってもやまず。夕焼け、星空、朝焼け、眺望、なーんにもなかったけど山の朝は気持ちいい。夜中は10℃くらいか。外はレインジャケット1枚羽織っただけじゃ寒かった。テントの中もシュラフに包まってないとダメな寒さ。

ブナの大木の倒木。

ブナの大木の倒木。

ブナの大木の倒木。

お姫山に向かいました。

お姫山に向かいました。

お姫山に向かいました。

ここから五葉岳へ。

ここから五葉岳へ。

ここから五葉岳へ。

プチ稜線歩き😊けど景色は霧の中🤣

プチ稜線歩き😊けど景色は霧の中🤣

プチ稜線歩き😊けど景色は霧の中🤣

雨だし、もうここから下山ルートに乗ろうかとも思ったのだけれど。。。

雨だし、もうここから下山ルートに乗ろうかとも思ったのだけれど。。。

雨だし、もうここから下山ルートに乗ろうかとも思ったのだけれど。。。

なんとなく雨が上がりそうな気配。。。
まぁよく勘が外れてまた降られるんだけど🤣
一帯はdocomoの電波が圏外または非常に弱く天気予報などの最新情報は入手不可。既に入山前の予報からは時間的にズレてるし。。。

なんとなく雨が上がりそうな気配。。。 まぁよく勘が外れてまた降られるんだけど🤣 一帯はdocomoの電波が圏外または非常に弱く天気予報などの最新情報は入手不可。既に入山前の予報からは時間的にズレてるし。。。

なんとなく雨が上がりそうな気配。。。 まぁよく勘が外れてまた降られるんだけど🤣 一帯はdocomoの電波が圏外または非常に弱く天気予報などの最新情報は入手不可。既に入山前の予報からは時間的にズレてるし。。。

雨が上がる気配を信じて五葉岳に装備をデポして目標のひとつだった夏木山に向かうことにしました。

雨が上がる気配を信じて五葉岳に装備をデポして目標のひとつだった夏木山に向かうことにしました。

雨が上がる気配を信じて五葉岳に装備をデポして目標のひとつだった夏木山に向かうことにしました。

YAMAPの地図上にあった〝崩壊地〟。
危なっかしいルートなのかと思ってたけどルートを進むのには問題なし。

YAMAPの地図上にあった〝崩壊地〟。 危なっかしいルートなのかと思ってたけどルートを進むのには問題なし。

YAMAPの地図上にあった〝崩壊地〟。 危なっかしいルートなのかと思ってたけどルートを進むのには問題なし。

テント張れそうなところ。その①

テント張れそうなところ。その①

テント張れそうなところ。その①

晴れてたら気持ち良さげ。テント張れそうなところ。その②。

晴れてたら気持ち良さげ。テント張れそうなところ。その②。

晴れてたら気持ち良さげ。テント張れそうなところ。その②。

道標があると写メりたくなる性癖🤣

道標があると写メりたくなる性癖🤣

道標があると写メりたくなる性癖🤣

夏木山。一度は登りたかった山。達成。

夏木山。一度は登りたかった山。達成。

夏木山。一度は登りたかった山。達成。

昼から晴れ間が出て行動食で昼ごはん。その①。スカッと張れた日に登ってみたい。

昼から晴れ間が出て行動食で昼ごはん。その①。スカッと張れた日に登ってみたい。

昼から晴れ間が出て行動食で昼ごはん。その①。スカッと張れた日に登ってみたい。

だーれもいないので着てるもの脱いで干してみる。

だーれもいないので着てるもの脱いで干してみる。

だーれもいないので着てるもの脱いで干してみる。

五葉岳に戻ってさっさと降りずに景色を眺めながらランチ。その②。
どっかのサイトでカッティングボードを持ってると快適さが上がるとあったのでマネしてみた。DAISOで300円のまな板。正解。標準装備に追加😆

五葉岳に戻ってさっさと降りずに景色を眺めながらランチ。その②。 どっかのサイトでカッティングボードを持ってると快適さが上がるとあったのでマネしてみた。DAISOで300円のまな板。正解。標準装備に追加😆

五葉岳に戻ってさっさと降りずに景色を眺めながらランチ。その②。 どっかのサイトでカッティングボードを持ってると快適さが上がるとあったのでマネしてみた。DAISOで300円のまな板。正解。標準装備に追加😆

大吹登山口に下山。ここからお化粧山登山口まで40分コース。30分で着いたけど
林道の真ん中でトグロ巻いてるマムシに気づかず、危うく踏むとこだった。蛇だけは勘弁😭マムシって「シャーッ」とか音出します?
なんか音がして気づいたんですけど😭心臓止まるかと思った🤣

大吹登山口に下山。ここからお化粧山登山口まで40分コース。30分で着いたけど 林道の真ん中でトグロ巻いてるマムシに気づかず、危うく踏むとこだった。蛇だけは勘弁😭マムシって「シャーッ」とか音出します? なんか音がして気づいたんですけど😭心臓止まるかと思った🤣

大吹登山口に下山。ここからお化粧山登山口まで40分コース。30分で着いたけど 林道の真ん中でトグロ巻いてるマムシに気づかず、危うく踏むとこだった。蛇だけは勘弁😭マムシって「シャーッ」とか音出します? なんか音がして気づいたんですけど😭心臓止まるかと思った🤣

大吹登山口にあった看板。確かにお化粧山コースの土石流跡は降る気にならなかったです。

大吹登山口にあった看板。確かにお化粧山コースの土石流跡は降る気にならなかったです。

大吹登山口にあった看板。確かにお化粧山コースの土石流跡は降る気にならなかったです。

お化粧山登山口からお化粧山、五葉岳、夏木山。下山は大吹登山口へ。1泊1.5日。

1日目。登山口まで行き着くのに手間取り、お化粧山登山口に15時到着。この時点で大崩山は断念。

お化粧山登山口まではGoogleマップではいかれません。日之影町から県道6号に入って13kmほど進むと、並行して流れる川を渡る4つ目(たぶん😅)の橋「仲村橋」があるので 右折してその橋を渡る。

「仲村橋」のたもとの標識

「仲村橋」を渡ってから700m程進むと最初の分岐。ここにも標識あり。この分岐を右方向へ。ここで舗装路とお別れ。落石、陥没、段差、路肩崩れ、グレーチング外れ、などなど 気の抜けない林道をひたすら進みます。 この林道、四駆でない車。乗用車での通行は お勧めしません。FRモードの軽トラでは登れない所が5箇所ほどありました。

林道の入り口を探し、ボコボコの林道をトロトロ進んで、予定から3時間遅れでお化粧山登山口に到着。6号線仲村橋からは1時間弱かかります。

まずはお化粧山を目指しました。が、 いきなり土石流の跡かと思うような ほとんど崖上り。テン泊装備を担いでの登りは正直かなりキツかったです。

予報は翌日の雨だったのに前倒しで16時頃から本降り☔️。とりあえず通過してテン場探し。

お姫山へのルート上に平坦地発見。

強くなったり弱くなったり、時折強風も伴って一晩中降り続いた雨は朝になってもやまず。夕焼け、星空、朝焼け、眺望、なーんにもなかったけど山の朝は気持ちいい。夜中は10℃くらいか。外はレインジャケット1枚羽織っただけじゃ寒かった。テントの中もシュラフに包まってないとダメな寒さ。

ブナの大木の倒木。

お姫山に向かいました。

ここから五葉岳へ。

プチ稜線歩き😊けど景色は霧の中🤣

雨だし、もうここから下山ルートに乗ろうかとも思ったのだけれど。。。

なんとなく雨が上がりそうな気配。。。 まぁよく勘が外れてまた降られるんだけど🤣 一帯はdocomoの電波が圏外または非常に弱く天気予報などの最新情報は入手不可。既に入山前の予報からは時間的にズレてるし。。。

雨が上がる気配を信じて五葉岳に装備をデポして目標のひとつだった夏木山に向かうことにしました。

YAMAPの地図上にあった〝崩壊地〟。 危なっかしいルートなのかと思ってたけどルートを進むのには問題なし。

テント張れそうなところ。その①

晴れてたら気持ち良さげ。テント張れそうなところ。その②。

道標があると写メりたくなる性癖🤣

夏木山。一度は登りたかった山。達成。

昼から晴れ間が出て行動食で昼ごはん。その①。スカッと張れた日に登ってみたい。

だーれもいないので着てるもの脱いで干してみる。

五葉岳に戻ってさっさと降りずに景色を眺めながらランチ。その②。 どっかのサイトでカッティングボードを持ってると快適さが上がるとあったのでマネしてみた。DAISOで300円のまな板。正解。標準装備に追加😆

大吹登山口に下山。ここからお化粧山登山口まで40分コース。30分で着いたけど 林道の真ん中でトグロ巻いてるマムシに気づかず、危うく踏むとこだった。蛇だけは勘弁😭マムシって「シャーッ」とか音出します? なんか音がして気づいたんですけど😭心臓止まるかと思った🤣

大吹登山口にあった看板。確かにお化粧山コースの土石流跡は降る気にならなかったです。

類似するルートを通った活動日記