おおそね おおそね

おおそね

YAMAPプレミアム

ユーザーID: 1418043

  • 宮城で活動
  • 宮城にお住い
  • 男性
※My motto(だいじにしている箴言) ①『情報は共有してこそ、所有するだけでは腐るだけ』~素敵な体験も、失敗したこと等も、発信し、共有・共感しあってこそ。②『情報は発信してこそ、我に帰る』~山中でうっかり落としたマイカーのリモコンキーも戻りました(^^♪・・・※『情報』の部分は『山レポ』に置き換えて、お読みくださいね。 ※カバー写真は左から船形山の山小屋わきで自撮り(2021.1.25)/同山頂から泉ヶ岳をクローズアップ(1.25)/泉ヶ岳の表コースにて泉区の都心をクローズアップ(2021.1.2) ※冬山は寒い怖い行かないという方は、以下はどうぞスルーしてください。人それぞれにつき、押し付けがましいことは遠慮したいので(^^♪冬山に何か共感・共鳴できる方は、ささ~っとお目通しください。 ※2021(R3)年の新春は冬山に魅せられ虜になって過ごしました。やみつきになった理由、3つあげてみます。 ①虫がいない 暑くない ~ これはとっても爽快(^_-)-☆ ②静寂な銀世界~ふかふかの雪は、音を吸い込む吸音壁。雪の結晶構造が吸音材になってるんですね(^_-)-☆ ③晴れれば格別のご褒美も~グランブルーの青空のもと、遠くの山稜もよく見渡せます(^_-)-☆  以上の3点、どれも冬山の神々しさにも通じると思います。また、真っ白な雪原にトレースを開拓して道なき道(バリエーションルート≒バリルート)を歩くことも、自信もってできるようになれば、魅力だなぁという手応えも感じました。 ※今年の目標について 昨年11回登った泉ヶ岳、今年は1年かけて12回登ろうと元旦に目標をたてましたが、冬の泉ヶ岳に魅せられ、気づいたら1月末で12回も登っていました。今後は泉ヶ岳に年に〇回という数値目標ではなく『リスク回避を第一に、より満足感の大きい山行、山友さんとより楽しい情報共有ができる山行をめざしていきたい』と思っています(以上2021(R3)年1月31日版)。 以下は令和2年秋版(そのまま)です ---------------------------------------------------- 令和2年春に完全リタイアし⛰行開始(再開)!離任の際やその後も依頼はあったけど40数年の仕事人生を全うし、さあ次へいう願いが強く、👔も断捨離して⛰遊びモード一直線☺️。人生いろいろにつき、今はお仕事ご家庭等の制約いっぱいの方々も多いでしょう。自分も大任を拝した4~50代の週末はバタンキューの連続でした。でもその20年余りの間⛰は逃げずに待っててくれました(^_-)-☆。人生いろいろにつき、押し付けはしないけど、⛰行できない時でも今が人生の幸せ時ととらえ、まずは目前の⛰にアタックしていって欲しいな、⛰は待っててくれるから。勤労・子育て(憲法上)&親の介護(民法上)は義務だけど⛰行は義務じゃぁないよ~ぉ。以上、自分よりひとまわりふたまわりも若い方々と一緒に⛰行した勢いで、人生いろいろ(人それぞれ)なのに、余計なお節介を語ってしまいました(以上、2020(R2)年10月15日版)。 以下はYAMAPデビュー直後の令和2年春版そのままです ---------------------------------------------------- 仙台市泉区在住。自宅から見渡せる 『泉ヶ岳から七ツ森』、そして目の前の『水の森』など、『里山』の『低山』を とことん散策し足腰を鍛え、楽しんでいきたいという前期高齢者です。 カバー写真は、仙台駅前アエル屋上の展望テラスにて撮影しました。白い貝殻状のドーム施設(シェルコム仙台)が我が家のランドマーク。当面の目標は、七ツ森の七座+αを一日で巡る七薬師掛け(約20km少々)達成かな(^_^) なお、散策コースの選択等に関わる目安としては、 1 『日帰り登山(半日・午前登山)を原則』 とし、2 『登山口からの高度差は300m程度』を目安に 3 『熊対策用の鈴は必携』という3点かな。事故防止・安全対策上のこの3点は、『高齢者にも楽しめる東京近郊の尾根歩き(三省堂書店2017年12月刊)』を綴った叔父(宮城県栗原市高清水出身で宮城県古川高校の同窓・先輩)から学んだ箴言でもあります。 YAMAPの利用開始は2020年5月1日。自宅が標高約50mの丘陵地帯にあり、ポタリング(EVアシスト自転車)の充電走行メンテにYAMAPが使えそうだなという動機からでしたが、その多機能ぶりには日々新たな《驚き》や《感謝》を感じながら過ごしています。 ご縁のみなさん、どうぞよろしく(^-^)/~~ではでは My Home Page http://osone.chobi.net/myprofile.html 以上です。 追伸 5月下旬頃より、登った里山の御堂などに新型コロナウィルス退散祈願の黄色い小石を奉納しています。 なお、里山歩きのささやかな楽しみにつき、街中や神社などへの奉納は対象外にしています。何かお気づきの点などありましたら、どうぞ何なりとアドバイスなど良きにお導きいただければ大変に幸いです。