大倉山(北海道)の写真
読み方:おおくらやま

大倉山(北海道)

307 m

コース定数

210

周辺の地図

Loading...
読み込み中...

モデルコース

Loading...
読み込み中...

季節別の活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

リアルタイムさくらモニター

基本情報

  • 札幌市の郊外にそびえる山
  • 北側の三角山・南側の奥三角山とあわせてめぐる登山者も多い
  • 中腹の大倉山ジャンプ競技場は札幌五輪の舞台となった

大倉山(おおくらやま)は、札幌市中央区と西区の境に位置する標高307mの山である。東側斜面は大倉山ジャンプ競技場となっており、1972年の冬季オリンピック札幌大会ではジャンプ競技の会場となった。現在でもスキージャンプ大会の会場としてたびたび利用され、リフトが架設され展望台となっている山頂はスキーシーズン以外でも札幌市街の夜景を一望する観光スポットとなっている。詳細は三角山を参照。
 https://yamap.com/mountains/17406

年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

周辺の天気

この山を含む流域

YAMAP流域地図 地球とつながる、流域地図。

流域地図とは、地域の生命圏である流域を見える化した地図になります。この山を含む流域を確認してみましょう。

流域地図で確認

周辺の山

山歩(さんぽ)しよう。

山歩(さんぽ)とは、山や身のまわりの自然の中を気持ちよく歩くこと。今すぐ行ける山歩コースや、山歩した気分になれる映像コンテンツを更新中です。

YAMAP STORE