たくさんあるうちの山名板の一つ
読み方:はなかめやま

花瓶山

690 m

コース定数

1218

周辺の地図

Loading...
読み込み中...

モデルコース

季節別の活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

リアルタイム積雪モニター

基本情報

  • 栃木百名山でもある花の名山
  • 春に咲くイワウチワの群生がとりわけ有名
  • 地元・花瓶山の会によって登山道・道標が整備された地域に愛される山

花瓶山(はなかめやま)は、栃木県大田原市と茨城県大子町の境に位置する標高690mの山である。茨城県最高峰・八溝山から南西方向に伸びる稜線上にあり、国土地理院の地形図にも登山道の表記がないほど、かつては登山者の少ない隠れた山であった。そんな花瓶山が脚光を浴びるきっかけのひとつが、山名の通り、山中に自生している様々な山野草の存在。ハナネコノメソウ、カタクリなどが咲く春はとりわけ賑わい、中でもイワウチワの群生はこの山のシンボルとなっている。この豊かな自然を守るために地元で発足した「花瓶山の会」によって登山道や道標が整備され、大田原市・須賀川地区に設置された駐車場が一般的な登山起点。ここから花瓶山へ登り、南に連なる向山を結ぶ周回コースが一般的である。

年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

周辺の天気

周辺の山

山歩(さんぽ)しよう。

山歩(さんぽ)とは、山や身のまわりの自然の中を気持ちよく歩くこと。今すぐ行ける山歩コースや、山歩した気分になれる映像コンテンツを更新中です。

YAMAP STORE