四十三山

251 m

難易度
体力度
難易度・体力度とは?

四十三山の基本情報

出典:Wikipedia

四十三山(よそみやま)、あるいは明治新山(めいじしんざん)は、北海道有珠郡洞爺湖町と壮瞥町の境界、洞爺湖の南岸に位置する標高252mの火山である。 有珠山の1910年(明治43年)の噴火活動によって形成された側火山である。 デイサイト質の粘性の高い溶岩が地下から推上し、土壌を持ち上げて作られた潜在溶岩円頂丘。 形成当時は各所から盛んな噴気が見られたが、21世紀初頭の現在は全山を落葉広葉樹林に覆われ、一部で弱い噴気活動が見られる程度である。

四十三山が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

四十三山の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

四十三山周辺の山