中倉山(栃木県)の写真
読み方:なかくらやま

中倉山(栃木県)

1520 m

コース定数

2138

周辺の地図

Loading...
読み込み中...

モデルコース

Loading...
読み込み中...

季節別の活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

リアルタイムさくらモニター

基本情報

  • 足尾銅山の煙害で樹木が消滅した山
  • 稜線に一本だけ立つブナの木が人気
  • 東麓の銅親水公園が主要な登山口となる

中倉山(なかくらやま)は、栃木県日光市に位置する標高1520mの山である。東麓の渡瀬川沿いにはかつて足尾銅山があり、江戸時代から銅の産出地として栄えていた。19世紀後半から20世紀初頭には日本の銅の約4割を産出する大鉱山であったが、同時に日本初の公害ともいえる足尾鉱毒事件を引き起こした。渡良瀬川流域が深刻な水質汚染に見舞われたのは有名だが、中倉山北側の松木渓谷の山肌も銅の精錬所からの有毒な煙を浴びたり燃料として伐採されたことにより樹木が消滅してしまった。現在も一部では草が生え始めているものの「日本のグランドキャニオン」とも称される、荒涼とした山肌が特徴的。そんな稜線で1本だけたくましく生き残った「孤高のブナ」は、中倉山のシンボルとなっている。

中倉山(栃木県)の動画

年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

周辺の天気

この山を含む流域

YAMAP流域地図 地球とつながる、流域地図。

流域地図とは、地域の生命圏である流域を見える化した地図になります。この山を含む流域を確認してみましょう。

流域地図で確認

周辺の山

山歩(さんぽ)しよう。

山歩(さんぽ)とは、山や身のまわりの自然の中を気持ちよく歩くこと。今すぐ行ける山歩コースや、山歩した気分になれる映像コンテンツを更新中です。

YAMAP STORE