安居バス停~周参見駅の写真

モデルコース

安居バス停~周参見駅

コース定数

標準タイム 03:19 で算出

ふつう

13

  • 03:19
  • 10.7 km
  • 368 m
注意情報
              このモデルコースは、現在は立入禁止となっている区域を含んでいる可能性があります。
事前に現地の最新情報を確認して行動をしてください。
            

大辺路街道をゆく旅人は、安居の渡しで日置川を渡り南下したといわれていますが、現在は安居からみて下流にある口ヶ谷の橋で南岸に渡り、日置川の南岸を旧渡し場跡まで遡ります。渡し場跡からは仏坂の登りを一気に登りつめますが、ここから、すさみ町の入谷までの間は、自然林に囲まれた尾根道、石畳道が続くこのコースのメインルートとなります。ここでは、南紀の美しい自然と、歴史を感じていただけることでしょう。 すさみ町入谷から、古道は県道と重複し、道自体にもはや昔の面影はありませんが、道沿いに立つ石仏や名号碑が、この道がかつての街道の道筋であったことを示しています。

コースマップ

タイム

03:19

距離

10.7km

のぼり

368m

くだり

379m

標高グラフ

チェックポイント

このコースを通る活動日記

  • 43
    55

    04:23

    11.0 km

    324 m

    熊野古道 大辺路(安居の渡し🚣‍♀️~周参見駅)

    熊野古道 大辺路②(仏坂:安居バス停~周参見駅) (和歌山)

    2024.04.14(日) 日帰り

     安居の渡し🚣‍♀️乗りに行かないかい!とのお誘いあり…、天気☀️やし、そく参加🤗 船頭さん🥴楽しいお二人🤭今日は水深7メートルあるよー。落ちるなよ! 楽しい一日に感謝🙏 同行者に感謝🙏🙏🙏

  • 25
    79

    04:24

    11.4 km

    384 m

    熊野古道 大辺路②(仏坂:安居バス停~周参見駅)-2024-04-14

    熊野古道 大辺路②(仏坂:安居バス停~周参見駅) (和歌山)

    2024.04.14(日) 日帰り

    最高☀の中、熊野古道大辺路を゙安居の渡しから大辺路(仏坂)へ初チャレンジ😁綺麗な川面を眺めながら気持ち良く渡ります、今日の水深7m親切な船頭さんです渡し証も頂きました😄渡し場から直ぐに熊野古道大辺路登山口、桂松まで登りが続きすが😥仏坂からは周参見まで緩やかな下りが長々と続き地主神社へここからは周参見駅まで平場を歩いて無事に終了、同行者と天候☀に感謝😁。仕上げにえびね温泉♨でリフレッシュ😀安居の渡し船は予約制です

  • 48
    51

    03:26

    10.4 km

    326 m

    安居の渡し〜仏坂~周参見駅

    熊野古道 大辺路②(仏坂:安居バス停~周参見駅) (和歌山)

    2023.11.25(土) 日帰り

    大辺路 安居の渡しが期間限定で特別運航しているそうなので、この機会を逃すまい!と行ってきました! 周参見駅に車を停め、紀伊日置駅まで電車。 紀伊日置駅から渡し場まで、予約していた白浜町コミュニティバスで! コミュニティバスに乗車した9名全員、渡し場で降りて大辺路を歩く人達でした。 料金を支払うと、通行証?木札をいただきました。 裏には、通し番号が押してあります。 船に乗ると、意外と揺れる💦 わずか2分ほどですが、非日常的な風情を味わえました☺️ 船を降りると、仏坂の登りの始まり。 まあまあの急登です💦 登り切ると林道に合流し、山道は終了。 本来の古道は、整備されていないので迂回路を歩きます。 その後も舗装路が続き、周参見駅まで戻りました。 渡し船ですが、朝は山影と逆光だったので、午後の部の写真を撮りに行くことに! 午後の予約はしていなかったのですが、また乗せていただきました。 しかも、無料で! 船頭さん達はとても優しい方々で、色々とお話も聞かせていただきました。 また行って良かった~☺️ 貴重な体験ができました。 ありがとうございました。

  • 21
    63

    05:14

    10.2 km

    363 m

    熊野古道 大辺路②(仏坂:安居バス停~周参見駅)-2023-11-04

    熊野古道 大辺路②(仏坂:安居バス停~周参見駅) (和歌山)

    2023.11.04(土) 日帰り

    安居の渡しが期間限定で運行されるとのニュースをキャッチ 合わせて10日間だけの運行ですが早速、予約 実乗五分そこそこの乗船ですが 優しい船頭さんに 記念の絵馬をもらい、お話もお聞き出来て、 意外に深い川底も覗けて、たのしかったぁ😍😁 長い車道歩きも、久しぶりに会う山ともとワイワイやりながら、 アッと言う間の1日でした こう言うのも、時にはいいね。