宮地山・在自山

出典: Wikipedia

※私有地に関しましては、許可なく侵入や情報公開されますと、法律に違反する可能性がございますので、ご注意ください。 【宮地嶽神社】 宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)は、福岡県福津市に所在する神社。神功皇后を主祭神とし、勝村大神・勝頼大神を配祀する。 【概要】 全国にある宮地嶽神社の総本社である。毎年220万人以上の参拝客が訪れ、特に正月三が日には100万人以上の人々が訪れている。開運商売繁昌の神社として知られている。宗像地方では宗像大社と並んで参拝客が多く、日本一大きいと称される注連縄も有名である。神社の参道には多くの土産店が立ち並んでおり、商売繁昌にちなんで招き猫やダルマを販売している店が多い。また「松ヶ枝餅」が売られている。餅の表面には宮地嶽神社の神紋・三階松紋がある。 その他、毎月末の深夜0時(明けて1日)には「朔日参り」と呼ばれるものが行われており、多くの参拝客が深夜にも関わらず詰め掛ける。そのため多くの出店が出店しており飲食店も開店する。

このエリアについて

掲載されている山

宮地山, 在自山, 対馬見山, 宮地嶽神社

  • 難易度
    1
    体力度
    1

    許斐山(このみやま)は、福岡県宗像市王丸と福津市八並にまたがる山である。標高271m。山頂一帯には宗像氏の一族許斐氏の居城である許斐山城があった。

  • 在自山

    標高:249 m

    難易度
    1
    体力度
    1

    在自山は福岡県福津市にある、標高249mの低山。主な登山口に、金刀比羅神社と宮地嶽神社の2つがある。登山道は歩きやすく、少し幅が狭い箇所もあるが、初心者にも優しい山である。金刀比羅神社から在自山山頂へは25分ほどで登頂でき、山頂からの展望はない。頂上付近には金刀比羅(ことひら)神社の古宮があるので参拝しよう。そのまま尾根伝いに宮地山(みやじやま)の頂上へ。在自山山頂から宮地山に進む途中、視界の開ける場所があり、「海の中道」や玄界灘(日本海)を望むことができる。宮地山の山頂も展望は望めない。ここからは麓の宮地嶽神社まで下山でき、宮地嶽神社が自然歩道のもう一端(始点&終点)となっている。

  • 難易度
    1
    体力度
    1

    宮地山は福岡県福津市にある、標高181mの低山。宮地嶽神社から出発し、自然歩道を進む。登山道は歩きやすく、少し幅が狭い箇所もあるが、初心者にも優しい山である。宮地山山頂へは35分ほどで登頂でき、山頂からの展望はない。歩き足りない人は、尾根伝いに在自山(あらじやま)の頂上を目指そう。宮地山から在自山山頂に登る途中、視界の開ける場所があり、「海の中道」や玄界灘(日本海)を望むことができる。在自山の山頂も展望は望めず、頂上付近には金刀比羅(ことひら)神社の古宮があるので参拝しよう。ここからは麓の金刀比羅神社まで下山ルートが伸びていて、金刀比羅神社が宮地嶽自然歩道のもう一端(始点&終点)だ。

  • 尾立山

    標高:241 m

    難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す