立山・雄山・浄土山

出典: Wikipedia

立山(たてやま)は日本の飛騨山脈(北アルプス)北部、立山連峰の主峰で、中部山岳国立公園を代表する山の一つである。雄山(おやま、標高3,003 m)、大汝山(おおなんじやま、標高3,015 m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、標高2,999 m)の3つの峰の総称である。雄山のみを指して立山ということもあるが、厳密には立山連峰に立山と称する単独峰は存在しない。剱岳とならび、日本では数少ない、氷河の現存する山である。

このエリアについて

掲載されている山

立山・龍王岳・鬼岳・獅子岳・五色ヶ原・奥大日岳・大日岳・真砂岳・弥陀ヶ原・大日平・称名滝

  • 立山(雄山)

    標高:3003 m

    体力度
    4

    立山(たてやま)・雄山(おやま)は、富山県中新川郡立山町に位置する標高3003mの山である。北側に連なる大汝山(3015m)・富士ノ折立(2999m)と合わせて「立山」と呼ばれ、日本百名山に選定されている。南側の浄土山(2831m)・北側の別山(2874m)と合わせて「立山三山」となっており、稜線上の山小屋に宿泊して縦走する登山者も多い。富士山・白山と並んで日本三霊山とされており、古くから信仰の対象として登拝されてきた。山頂周辺は雄山神社の神域となっており、鳥居を潜って登った山頂には立山頂上・峰本社が祀られている。山頂からは眼下に室堂平を見下ろし、黒部湖を挟んで対岸に連なる後立山連峰や最難関の日本百名山と呼ばれる剱岳はもちろん、裏銀座や薬師岳など北アルプスの名だたる名峰を眺望することができる。詳細は立山を参照。 https://yamap.com/mountains/12

  • 中山(富山県)

    標高:1255 m

    体力度
    3

    中山(なかやま)は、富山県中新川群上市町に位置する標高1255mの山である。日本二百名山・奥大日岳から北西に伸びる尾根の末端に座しており、剱岳・早月尾根の登山口でもある馬場島(ばんばじま)から2つの登山コースが伸びている。中山遊歩道は馬場島から階段もあるジグザグの急登を経て北斜面を登るコース。主稜線に出た場所は「五本杉の平」と呼ばれ、幹周り10m・樹齢1000年を超える立山杉の巨木が林立している。東小糸谷コースは2005年に開通した新しいルートで、馬場島から林道を進み、沢を渡りながら展望広場を経てクズバ山との鞍部をめざす登山道。山頂からは、早月尾根を正面に抱き大窓・小窓などが織りなす鋸のような稜線をしたがえた剱岳が正面に堂々とそびえている。

  • 瀬戸蔵山

    標高:1318 m

    体力度
    3

  • 体力度
    4

    日本百名山の立山は、北アルプス北部に位置する富山県が誇る名山で、主峰の雄山(標高3,003 m)、最高点の大汝山(3,015 m)、富士ノ折立(2,999 m)の3峰からなる連峰の総称である。富士山、白山とともに日本三霊山のひとつに数えられ、古くから山岳信仰の山として栄えてきた。標高2,425mの室堂から雄山山頂をめざすメインコースは難所が少なく、初心者でも歩きやすいので、ファミリー層も多い。山頂からは眼前にそびえる大汝山をはじめ、剱岳、薬師岳、後立山連峰など360度の展望が広がる。より歩きたい人は、室堂を起点に浄土山(2,831m)、立山、別山(2,880m)のいわゆる立山三山をめぐる周回コースを取るといいだろう。

  • 大品山

    標高:1403 m

    体力度
    3

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す