八曽山

出典: Wikipedia

八曽山(はっそさん)は、愛知県犬山市東部にある標高327mの山である。 【概要】 「曽」と言う字の異体字に、「曾」と言う字がある。そのため、この字を用いて「八曾山」と表記する場合もある。 山頂付近には、八曽黒平神社がある。山頂には二等三角点が設置されている(点名は黒平)。また山の南側を、五条川が流れる。 この山を含む周辺地域は、国の「八曽自然休養林」に指定されている。 【遊歩道】 南側には東海自然歩道が通っていて、八曽キャンプ場が八曽山への遊歩道の入口となっている。五条川の支流に沿った遊歩道(八曽滝遊歩道、黒平山遊歩道)が整備されていて、その途中に八曽ノ滝(山伏ノ滝)がある。もみの木駐車場には売店があり、岩見山方面への遊歩道(巌頭洞遊歩道、岩見山遊歩道)の入口となっている。その途中には、五階滝、乙女滝、巌頭洞がある

このエリアについて

掲載されている山

八曽山, 入鹿池, 高社山

  • 尾張本宮山

    標高:292 m

    難易度
    1
    体力度
    2

    尾張本宮山(おわりほんぐうさん)は、愛知県犬山市にある標高293mの山である。 犬山市南部に位置し、別名「尾張本宮山」「尾張大富士」。尾張三山の1つである。 西側の山麓には大縣神社があり、山頂付近にはその奥宮がある。大縣神社の東側から参道が整備されており、山の南側を通り、東側にある県道453号明治村小牧線まで抜ける事ができる。 その南東の山麓にはヒトツバタゴの自生地がある。東側には愛知用水が流れ、さらに東北東には入鹿池がある。南側には尾張信貴山のピークがあり、その山頂には尾張信貴山泉浄院の寺院がある。そのさらに南には2重の多宝塔がある。

  • 尾張富士

    標高:275 m

    難易度
    1
    体力度
    2

    尾張富士(おわりふじ)は、愛知県犬山市南部に位置する標高275mの山である。 郷土富士であり、尾張三山の1つでもある。 山頂には大宮浅間神社奥宮があり、四等三角点が設置されている。東側の山麓には、博物館明治村や入鹿池がある。また山の南側を、五条川が流れる。 尾張富士が本宮山と山の高さを競い合ったことに由来して、「石上げ祭」が、毎年8月の第1日曜日に開催されている。山頂には、多くの小石が積み上げられている。 なお、この山と同名の四股名の力士が存在した。各方面からの登山道(ハイキングコース)が整備されている。 かつては犬山駅と博物館明治村を結ぶ岐阜バス(かつては名鉄バスだった)が尾張富士の近辺を経由していた。

  • 岩見山

    標高:250 m

    難易度
    体力度

  • 尾張白山

    標高:260 m

    難易度
    体力度

  • 道樹山

    標高:429 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

YAMAPプレミアムにアップグレードすると、最大39時間先までの気象情報とグラフが表示されます。

YAMAPプレミアムを1ヶ月無料体験

気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日18時ごろに更新)

KCCS API

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す