戸神山(群馬県)・高王山

出典: Wikipedia

このエリアについて

掲載されている山

戸神山(群馬県)・高王山

  • 難易度
    体力度

    戸神山(とかみやま)は、群馬県沼田市戸神町・石墨町・下発知町にまたがる山である。「ぐんま百名山」の一つに選出されている。 戸神山は沼田市薄根地区・池田地区に位置する標高771.6mの岩山で、円錐形の山体をなす。沼田市街地から眺望すると綺麗な三角形に見えるため、地元住民から通称「三角山(さんかくやま)」として親しまれるほか、池田地区では「石尊山(せきそんさん)」とも呼ばれる。山頂から沼田市街地周辺を一望でき、武尊山、三峰山、子持山などの山々が見える。 古くから山岳信仰の対象として親しまれた霊峰であり、山麓には虚空蔵菩薩堂や1500年(明応9年)開創の石尊山観音寺、山頂には江戸時代からの石祠や石灯籠がある。また、明治から終戦後に亘っては金の採掘が行われ、現在もその廃坑跡が残る。山中の洞窟では、紫水晶の採取が可能である。 1994年(平成5年)4月19日には、林野火災が発生し、22.82ヘクタールが焼失した。 2007年(平成19年)から2010年(平成22年)の冬季には、地元有志主催の「星の絆プロジェクト」により、南側斜面を中心にイルミネーションが灯された。

  • 高王山

    標高:765 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す