三峰山

出典: Wikipedia

三峰山(みつみねさん)は栃木県栃木市北西のはずれ、鹿沼市と、一部佐野市(旧葛生町)の飛び地、羽鶴(はねつる)にまたがる山。標高604.9m。 【概要】 鍋山(なべやま)とも呼ばれ、形が南東側(たとえば栃木市寺尾や同市梅沢付近)から見て、鍋を逆さに伏せた形に見える事があるため、こう名づけられたと言われる。また、栃木市星野から見て、西側に峰が連なっているようにも見えるため、三峰山とも言われる。ただし、三峰山の名称の山は、全国にたくさんある。その他、鹿沼市下永野、倉本の神社は、この山を御岳山と呼び、土地の人は永野御岳山と称している。また栃木駅前から来るバス会社は、星野行きのバスと表示した関係で、この山を星野御岳山と表示していた。その他安蘇御岳山との名称もある。また、この山の最も北のはずれのやや高い峰を、前出倉本の神社では、北辰山(北極星の別称の山の意味)と呼んで、信仰の対象としている(ちなみに神社は山の東の麓にあり、方角は合っていない)。なお、三峰山と称するうちの残りの峰は、「左三山」と呼んでいる。

このエリアについて

掲載されている山

  • 体力度

    谷倉山(やぐらさん)は栃木市の北西、鹿沼市との境界に位置する標高599mの山。栃木百名山の一つ。 栃木市の谷倉山は、栃木市熊下(くまげ)から星野遺跡の東側に並ぶ山の列で最も鹿沼市(旧上都賀郡粟野町域)寄りの、ややなだらかな、北西から南東にのびる三角形の低山を指す。栃木市でも外れにあり、鹿沼市にまたがっている。無名の山で、土地の者しか事実上知らない。山頂は針葉樹の林と藪になっており展望は無い。マイクロ波の中継所があるだけで、訪れても何もない所である。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す