旭川市

出典: Wikipedia

旭川市(あさひかわし)は、北海道にある市で、上川総合振興局の所在地。2000年(平成12年)4月1日に中核市に指定。北日本では仙台市に次ぐ3番目(道内では札幌市に次いで2番目)の市域人口を有する北日本最大の中核市であり、国際会議観光都市にも指定されている。戦前は陸軍第七師団が置かれ、軍都として発展した。 旭川の語源は諸説あるが、市の中心部に流れる忠別川をアイヌの人々がチウ・ペツ(波のある川、波立つ川)と呼んでおり、これを聞き誤ってチュッ・ペツ(日の川)したことから「旭川」という呼ばれるようになったという説もある。 【地理】 北海道のほぼ中央の上川盆地の中心部に位置する。石狩川、忠別川、美瑛川、牛朱別川など大小130の河川が流れ、740あまりの橋が架かる。中でも石狩川と牛朱別川の交わるところにある旭橋は、1932年(昭和7年)完成した鉄製アーチ橋で北海道遺産に選定されている。

このエリアについて

掲載されている山

旭川市

  • 難易度
    1
    体力度
    1

  • 難易度
    体力度

    神居山(かむいやま)とは、北海道旭川市神居町にある山である。 標高799.2m。空知地方と上川地方の電波送信における中継地点として有利な地理特性により、ラジオや防衛庁の中継施設(旧神居山分屯地)が山頂に設置されている。 また、北側斜面には国設神居山スキー場が設けられ各種スキー大会に使用されている。火山としての記録は存在せず、不明である。 西側斜面に見えるコースはカムイスキーリンクスであり、山頂北側にあるのは旧国設神居山スキー場跡地で、現在はカムイスキーリンクス第5リフト及びダイナミックコースとして運用している。山頂南側にある通信施設はラジオの中継施設及び防衛施設(旧神居山分屯地)である。山頂へは国道12号沿いの夢殿観音前から山頂にかけてのアプローチ道が存在しており、山麓は山菜が採れる事から春先を中心に地元住民が笹竹及び蕨等を採取している姿がある。付近はヒグマの生息区域である事から、麓からの林道には「ヒグマ注意」の看板が設置されており、目撃情報も散見される。

  • 難易度
    体力度

    旭山(あさひやま)は、北海道旭川市東旭川町倉沼にある、標高295.2mの山。山麓には桜の名所として知られる旭山公園や、全国的に知られている旭川市旭山動物園などの観光施設がある。 大雪山の西方、岐登牛(キトウシ)山(標高456m)を中心とする山地の北西端、旭川市の中心部から東方約10kmに位置している。

  • 射的山

    標高:170 m

    難易度
    体力度

    射的山(しゃてきやま)は、北海道旭川市永山に存在する、標高およそ171mの山である。周辺には庭園で有名な上野ファームが存在する。永山地域唯一の山である。 1897年(明治30年)から屯田兵第三大隊射撃場として一次利用されていた。このことが射的山の名前の由来になっている。1910年(明治43年)に山頂部に祠が祀られた。当時火災が多く、火の守り神、安産の願いを込めて祀られたものとされている。その後、特に利用されることはなかったが、大正時代に畑として開墾され、このとき山頂部から南側が大規模に伐採された。 この斜面は、当時この地域では唯一のスキー場として、多くの子供たちがスキーを楽しむ場所になった。現在は周辺スキー場の開発や安全性の問題から、行なわれることは全くなくなっている。2001年(平成13年)より、麓で上野ファームの庭園工事が始まり、現在では有名な観光スポットとなっている。

  • 下半面山

    標高:274 m

    難易度
    体力度

    下半面山(しもはんめんさん)は、北海道上川郡鷹栖町と旭川市の境に位置する標高274mの山である。北側に位置する半面山(359m)・南側に位置する近文山(ちかぶみやま・223m)とあわせて縦走されることが多く、旭川市郊外の手軽なハイキングコースとして親しまれている。詳細は半面山を参照。 https://yamap.com/mountains/17620

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す