奄美大島(南部)

出典: Wikipedia

奄美大島(あまみおおしま)は、九州南方海上にある奄美群島の主要な島で、単に大島ともいう。 【地理】 面積712.39km2であり、本州など4島を除くと佐渡島に次ぎ面積5位の島である(大きな方から順番に、択捉島-国後島-沖縄本島-佐渡島-奄美大島)。年間の日照時間が日本一短い。大島海峡沿岸や湯湾岳などは奄美群島国定公園の一部となっている。1901年2月12日に降雪が記録されているものの、降雪は殆ど見られず、湯湾岳 (694m) や油井岳 (484m) の山頂付近に、ごく稀に雪が積もっているのが確認されたことがあるくらいである。奄美大島の海岸には、サーフィンに適した波がありサーファー達に人気がある。

このエリアについて

掲載されている山

瀬戸内町, 加計呂麻島, 与路島, 請島, 奄美大島, 湯湾岳

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す