神鍋山・神鍋高原

出典: Wikipedia

神鍋高原(かんなべこうげん)は、兵庫県豊岡市日高町にある高原。山陰海岸ジオパークおよび氷ノ山後山那岐山国定公園の区域に指定されている。 約2万年前の火山活動でできたスコリア丘である神鍋山(標高469m)玄武岩質の溶岩流からなる。神鍋山山頂には周囲約750m、深さ約40mの火口が残っており、また周辺には火山活動により生成された風穴が多数ある。北西隣の大机山、南東の太田山、ブリ山、清滝山といった単成火山とともに神鍋火山群を構成する。 また神鍋山から稲葉川を下った溶岩流により形成された渓谷は「神鍋溶岩流」と称され、八反滝から十戸滝までの3km余りの間は30以上の滝や淵が続く変化に富んだ渓相となっている。

このエリアについて

掲載されている山

神鍋山, 神鍋高原

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す