明治期に立てられたもののようです
気持ちいい新鮮な緑
良きかな😆
疲れてませんが😂
からの見晴らし
丸いシルエットのこの子は・・・エナガ?

モデルコース

達居森 周回コース

/
達居森
体力度
1
  • 1時間27分
  • 3.0 km
  • 248 m
体力度とは?

コースマップ

タイム

01:27

距離

3.0km

上り

248m

下り

248m

チェックポイント

このコースを通る活動日記

  • 14
    39

    01:46

    3.1 km

    261 m

    達居森

    七ツ森 (宮城)

    2022.08.17(水) 日帰り

    昨日とは打って変わって清々しい青空💙! そよかぜも🍃〜後押しし◎ 風と緑が❇️心地よい ♪♪ 虫たちも🦟風のせいか 気にならず、、、 最高〜〜!の達居森ハイクでした😊✨

  • 30
    133

    01:45

    3.2 km

    250 m

    達居森

    達居森 (宮城)

    2022.08.15(月) 日帰り

    初めての達居森(たっこもり)へ登りました。 近くても中々来れなかった山でした。 登る前から雨が降り出しレインウェアで登山開始です😅 山頂着いたら汗だく雨だく… 良いミストに癒されました。 天気ヨキ紅葉時期にも来て見たいと思いました🤩

  • 36
    55

    01:50

    3.4 km

    256 m

    達居森

    達居森 (宮城)

    2022.08.02(火) 日帰り

    去年は土砂降りで何も見えなかった達居森リベンジャーズしてきました🔥😄🔥 朝早いのに歩く前からとにかく暑い🥵💦 前回は開けられなくて撤退しそうになった熊よけ柵は難なくクリア🗝笑笑 色んなキノピオがいーーっぱいなキノコのお山🍄 ルイージがすってんころりんしそうになったけど絶妙な体勢から持ち堪えてました笑笑 前回真っ白けっけで何も見えなかった展望台からは綺麗な景色が見えましたー👀✨✨ 帰りに立ち寄った牛野ダムもとっても綺麗🤩 キャンプもめっちゃ楽しそうでしたー🏕 あつがなつい‼️な滝汗デーでしたが久しぶりにお山歩けてルンルンでしたー💕 1upキノコパワーで夜勤頑張るどー🍄🙋‍♀️

  • 7
    34

    01:08

    2.9 km

    234 m

    達居森

    達居森 (宮城)

    2022.07.10(日) 日帰り

    今日は時間がないのでちょっとだけ、近い達居森に久しぶりに登ります。 冬に登山道に横たわっていた倒木は撤去されていました。結構太い木が何本かあったので大変だったと思います。どうやって動かしたんだろう🤔 雨あがりでも道はぐちゃぐちゃしてなくて、虫もいなくて快適に登れました😆

  • 13
    161

    01:17

    3.4 km

    257 m

    達居森

    達居森 (宮城)

    2022.07.03(日) 日帰り

    低山のおかわりは達居森に行きました😃 登山道キレイで鳥のさえずりで癒やされたハイキングでした😊

  • 35
    54

    00:51

    4.3 km

    276 m

    限界への挑戦💪💦

    七ツ森 (宮城)

    2022.06.30(木) 日帰り

    俺は鍛冶屋❤️‍🔥1,200℃の鉄の塊を叩いて👊伸ばして成形する🔥長袖、長ズボン、ヘルメット⛑に安全メガネ👓にマスク😷40℃にもなるスーパー3Kの工場で真面目に働いてます🤪👍 なので少し汗💦をかけば体温調節して暑くありません😁 さて🔥今日は自宅待機🛖宮城県なら自宅の庭でしょ🫵ピークの時間に水分💦800㎖!塩分入った飴🍬バリバリ賞味期限切れ💀小遣いの10円玉持ってレッツ🫵スターティン⛰

  • 33
    81

    01:40

    2.7 km

    246 m

    達居森〜ことりっぷ2〜2022/06/11

    達居森 (宮城)

    2022.06.11(土) 日帰り

    ■はじめに 今回は大半が鳥の写真となりますので、興味がない方は飛ばして下さい。 ■本編 土曜日は例の講習会が大衡村の昭和万葉の森で行われるため、早起きして達居森でことりっぷです。 目標はサンコウチョウ。鳴き声は山に響いていて、期待が膨らみます。 ちなみに、達居森は南にある七ツ森と地層や形成過程が一緒です。船形山からの火山灰を含む火砕流が固まって出来た比較的平たい台地(軽石凝灰岩)に、地下から湧いてきた比較的粘度の高いマグマが固まって出来た地層(石英安山岩)の山がポコポコと乱立しました。なので、厳密にはお向かいの女達居森と合わせ、九ツ森とするべきなのでしょうが、さすがに全部回るのはキツイですよね。大人の事情で七ツ森になったのかもしれません。 また、今回の講習会は樹木の話でした。 昭和万葉の森を講師と供に1時間ちょっと散策です。まずはクヌギとクリの木の違いから・・・皆さん分かりますか? その後も現地で見れる30種くらいの草木について、興味深い豆知識を披露しつつ解説される講師様、さすがです。最後は葉っぱだけを観察して木を当てる演習。うーむ、難しい。樹木の勉強も必要ですね。 さて、前置きが長くなりましたが、以下、今回の野鳥観察の気付きや教訓です。 ■撮り方(追い撮と待ち撮) キョロキョロしながら鳥を探す追い撮と、撮影しやすい枝に鳥が来るまで耐える待ち撮の2つの撮り方があるなと感じました。 時間に余裕があれば、のんびり囀りを聴きながら待ち撮の方が気が楽です。 ■露出とISO 撮影時にファインダー内の映像が明るい方が撮りやすいので、露出明るめ、ISO高めで撮ってましたが、やっぱり画質の低下が否めません。暗いのを少し我慢して、ISO低めで撮った方が良いのかも。 ■鳥の住む場所 達居森の中で、鳥が集中している場所は限られていました。別の山でも同じことを感じる事が多く、鳥の好む環境がありそうです。植生がメインだとは思いますが、鳥の種類でも好む環境が異なると思うので、それぞれの棲みやすい環境が分かれば、もっと面白そうです。