初めまして🙇‍♂️
納古山 周回コースの写真
💦
納古山 周回コースの写真
納古山 周回コースの写真
納古山 周回コースの写真
中級者コースへ💁‍♀️
沢沿いにミズタビラコ💙
来た道を振り返る
キランソウ💠

モデルコース

納古山 周回コース

コース定数

標準タイム 02:55 で算出

やさしい

11

  • 02:55
  • 4.7 km
  • 499 m

コースマップ

タイム

02:55

距離

4.7km

のぼり

499m

くだり

499m

標高グラフ

チェックポイント

このコースで通過する山

このコースを通る活動日記

  • 29
    32

    02:53

    5.3 km

    510 m

    納古山

    納古山 (岐阜)

    2024.07.20(土) 日帰り

    YAMAP始めてからは初の納古山。 (YAMAP以前に登った記憶あり) いい山だったよな~と思いつつ登ったら。 行きは滝汗、帰りは雷雨のバタバタ登山😂 でも、軽い岩場や山頂の眺望があって良かった。 また落ち着いて登りたいかもしれないお山。 駐車場…第一~第四駐車場あり(各々3台くらいずつ)。今回は第二駐車場利用。トイレあり。周回するなら第二駐車場がオススメ。ただし、ちょっと山道を走るので注意。

  • 23
    31

    03:56

    6.2 km

    502 m

    納古山

    納古山 (岐阜)

    2024.07.20(土) 日帰り

    今回は納古山⛰️ この季節の山選びは 天候、高低差、距離、ヒルなど バリエーションを広げて 登前に大雨☔️⚡️ 着いてすぐ登っていれば この雨に遭遇しましたが 「果報は寝て待て」の言葉通り 駐車場で少し待ってから スタートが吉と出ました😄 先週悩まされたヒルは一匹だけ ただヒルに似た動きの毛虫に 何度も遭遇しましたヒヤッとする場面多数😅 暑い最中の山選び納古山で正解でした

  • 13
    9

    04:17

    8.4 km

    619 m

    納古山

    納古山 (岐阜)

    2024.07.07(日) 日帰り

    最高気温37℃猛暑日 汗だくになりながら、頂上を目指す 途中までは、川の流れが心地良く聞こえ 山頂付近では、ウグイスの鳴き声に励させる!笑 頂上でおやつタイム 栄養補給と水分補給しっかりと 今日も、みんなと一緒だから頑張れました〜 少し遅めのランチ、朴葉ずしに茶そば 疲れた身体に染みる美味しさ 私は、初朴葉ずしでした

  • 6
    52

    03:50

    8.8 km

    625 m

    小雨の納古山トレーニング🏔

    納古山 (岐阜)

    2024.07.06(土) 日帰り

    今週も天気が良くないので、近くの納古山で軽トレーニングしました👟 登山口の気温は32℃くらいと熱中症危険レベルのためか、登山者は10人くらいと少なめでした。 途中、小雨も降ってきて山頂の眺望はイマイチでしたが、気温もスーッと下がっていい避暑になりました。今日もいい山行でした👍

  • 16
    79

    04:22

    9.2 km

    633 m

    パパと山活~納古山

    納古山 (岐阜)

    2024.06.26(水) 日帰り

    パパ(旦那)と同じお休み お山に行く気あるらしい😳❗️ 🐱どれくらい歩く❓️ 🤔3時間❓️4時間でもいいよ👌 でも、近くね 🐱んじゃ納古山かな❓️ 渡渉あり、岩場あり、景色よしだし~きっと楽しいはず~🎵 登山口近くまで車で行く予定が、踏切渡った林道手前で 『倒木のため車両通行止』🙀 仕方なく道の駅まで戻り徒歩で登山口まで~😅 さてさて、パパの運命は😸💦💦

  • 53
    53

    03:32

    6.3 km

    505 m

    7年前のリベンジの筈が…納古山快晴☀️

    納古山 (岐阜)

    2024.06.19(水) 日帰り

    7年ほど前に 台風明けの翌日息子と登って めちゃキツくて、根を上げてまだ?後どのくらい?を連発し、最後背中を押して貰いながら登頂した納古山に同じコースで再挑戦! 岩岩岩迄は楽勝じゃんって思ったが…岩が長くて長くて、ここだけ上級と言ってもいいんじゃない?って思った💦 でも、抜けた景色が素晴らしくて、ここまで登った感❣️ 山頂近くで同じように疲れてた女性と山頂でお話しし、下山の初級コース迄案内して下山しました🥰 娘の一眼レフ担いで登った甲斐があり綺麗な写真が撮れました😄

  • 23
    16

    04:07

    5.1 km

    455 m

    納古山

    納古山 (岐阜)

    2024.06.17(月) 日帰り

    (ついつい遅れて記憶曖昧)  今日は体力維持のためトレーニングを兼ねて納古山に行くことにしました。何回か登っていますが、安心して登れる山のようです。  トイレのある駐車場に到着。平日とはいえ、既に3台が止まっていました。登り始めると、早くも降りてくる人とすれ違いました。挨拶を交わすと、”暑いですから”と返されました。暫く行くと水場があり、”味わってください”とあり、飲んでみる。”おいしい”。  暫らく木漏れ日の中を世間話をしながら進むと、眺望のよいところに出る。曇ってはいたが、御岳山・恵那山がよく見える。ここの所、暑かったが曇っているのでそれほど暑くはない。感謝。  なお登ると、登山道に白い花びらのようなものが一杯落ちている。花びらだが、何の花びらか分からない、上を見てもどこの木から落ちているのか分からない。進むとますます白さが増してくる。そして、やっとその花の咲いている正体を見つけた。馬酔木やドウダンツツジのような花びらだが、これは捩花というらしい。ネジバナがいつまでも続くので、今の納古山は捩花(ねじばな)の山だ、と気づかされました。      みち   はな   捩花や径白く染め自由たれて  何度か上り下りを繰り返して頂上に到着。2組いたが暫くして彼らは下りていったので、頂上は我ら二人の独占状態となった。相変わらず空は曇って翳んでいたが山峰は360度見渡せ、十分に満足である。頂上ではカップラーメンとお握りを食う。今日のお握りは、あいぼうの奥さんの手作りである。ひときわ美味しい。”おかか昆布”と”はちみつ梅干”をいただいた。海苔は別で持参の塩の振ってあるやつである。やっぱりお握りはこの”フワーっ”とした感じが欲しい。塩味も丁度いい。コンビニのは固く締まってしまっているし・・・。オーっとこれは話がそれました。  下りは初心者コースへ行く。こちらはいつもながらの長い道のりである。下り切ると今度は林道で、これがまた長い。しかし、ここは白いガクアジサイと野イチゴが目を楽しませてくれました。  野苺を噛めば幼き日に浸り  林道はどこまでつづく額紫陽花