モデルコース

尻付山-ハジカミ山 往復コース

尻付山到着😄
尻はこれ以上付けないで💦減らしてクレー😭
尻減山に改名だ😝✌️✨
お昼からのスタートです🥱
登山道
汗かきそうになったら休んでチロルチョコを食べる😘実は長年のチロラー。
鹿がいたけど私にビビって逃げた!
食べませんて😅
ロープもアリ🪢
ここ200座目です(  ・᷄ὢ・᷅  )
体力度
1
  • 3時間05分
  • 4.0 km
  • 547 m
体力度とは?

コースマップ

タイム

03:05

距離

4.0km

上り

547m

下り

547m

チェックポイント

このコースで通過する山

このコースを通る活動日記

  • 19
    20

    02:11

    4.2 km

    544 m

    ハジカミ山・尻付山

    六郷満山(国東半島) (大分)

    2022.01.02(日) 日帰り

    この間の鬼城で国東半島の山いいカモと身体休めのためにトボトボ登ってきました🚶🏻〜〜 見せ場あまりなかったカナ🙀?登山口前の仁王像くらい🙍‍♂️? でも人がいないし物思いに耽りながらさすらうにはいいんじゃないカナ?なんてね😝!

  • 30
    26

    02:34

    4.2 km

    548 m

    尻付山(新大分百山39)・ハジカミ山

    六郷満山(国東半島) (大分)

    2021.10.24(日) 日帰り

    2座目は尻付山(登山レベル2)。麓の小さな神社の敷地内に車を止めて西狩場登山口からスタート。 最初は舗装林道。しばらく歩くと林道左側に尻付山・ハジカミ山への山道へ入る表示板があり、そこから山道に入った。表示板は小さくて目立たず、見逃すと林道を進み続けて検討違いのところへ行ってしまうので注意が必要。 山道に入ると谷沿いのルートになり、登りはそこまで急ではないが、岩混じりのガレ場なのでやや歩きにくい。 谷を登っていくと、尻付山とハジカミ山の分岐点となる尾根に到着。まず尻付山の山頂を目指す。登り始めから山頂までは、これまでのガレ場と違っていくらか歩きやすくなったものの殆ど急登。距離は比較的短い。山頂スペースは広いが雑草まみれ。頭上は開けているが、周囲は樹木に覆われていて眺望はほぼなし。ここで昼食をとってから下山。 再び分岐点まで戻り、今度はハジカミ山山頂を目指す。ハジカミ山山頂までのルートも急登だが、尻付山と違って等高線を斜めに登っていくので、垂直に登るよりはいくらか緩やか。山頂は周囲が樹林に覆われていて景観はゼロだが、山頂の先に広大な展望ポイントがあり、そこからの景色は絶景。両子山や周辺の山。中山仙境、天念寺耶馬、海の向こうに姫島を見ることができた。 尻付山は眺望がなかったが、ハジカミ山は抜群の眺望。尻付山に登るならハジカミ山は外せない。

  • 33
    84

    04:07

    4.5 km

    564 m

    ハジカミ山・尻付山

    六郷満山(国東半島) (大分)

    2021.10.02(土) 日帰り

    お天気も良いし、何処か歩きたいなぁ~⛰️ 友達を誘ったら🆗❗ 近場の国東に行こうって事になり、🍙を握り準備をしてレッツゴー✌

  • 6
    20

    03:49

    4.1 km

    546 m

    尻付山・ハジカミ山

    六郷満山(国東半島) (大分)

    2021.10.02(土) 日帰り

    尻付山ではお尻は付けず、ハジカミ山にて腰を下ろす。 景観的にも正解でした。 尻付山には何かしらの建屋の残骸、休憩用のテーブルもありましたが、それもいまは昔、建屋は朽ち果てテーブルは草木に覆われ、むしろ逆に長居するのが躊躇われる雰囲気…。 変わってハジカミ山は北西部が開け日当たりもいい感じでした。

  • 11
    87

    01:55

    3.4 km

    493 m

    ハジカミ山・尻付山

    六郷満山(国東半島) (大分)

    2021.09.11(土) 日帰り

    おはようございます、今日はyamap活動日記記念すべき100回目、本当はyamapお友達の5人で由布岳登る予定でしたが雨予報☔️😭 昨日早々に中止が決まったんですが、県北は何とか天気持ちそうだったんで、未だ未踏だったハジカミ山と尻付山にソロで登って来ました🎶🤗 やっぱ晴れ男なのか雨の気配もなく、無事山行出来ました❣️ これで100山行、188座だったかな❓ 1年10ヶ月で達成、年内200座も視野に入ってきました🎶次は何処登ろうかなぁ〜♬

  • 12
    57

    02:02

    4.5 km

    559 m

    尻付山・ハジカミ山

    六郷満山(国東半島) (大分)

    2021.08.01(日) 日帰り

    真夏の三座目。 国東の大分百山を一気にクリアしてしまおうと、時間が下がったが慌ただしく突入。 神社のところに車を停め、コンクリート道から途中、山道に入っていきます。つい、看板を見落として通過してしまう。 木々に囲ま之れ、少し薄暗くなってきたがとりあえず、尻付山をめざす。二本松越のところの地蔵様のところの看板は「尻付山まで50分」。結構かかるな・・・。最後の急登のところで、暑さの影響からか、足がひくひくとつりだした。まずいな。伸ばしながら何とか山頂へ。広々とした山頂だが、景観はあまりない。 ハジカミ山まで行けるかもしれないと、急ぎ気味で下る。ところが、また足がひくひく。何度も休み、足を伸ばしながら注意深く、分岐点まで戻る。 無理はしない方がいいか・・・、でも今日行かないと、ハジカミ山へは行くことがないかも・・・。行ってしまえ! 足を引きづりながら、約20分程度で山頂へ。山頂は、国東の切り立った山々を眺めることができる。 帰りも何度も何度も、ひきつる足を伸ばしながら何とか下山。 真夏の三座。距離的には大したことはないが、やはり暑さの影響が大きいと思うが、数日間、その足のダメージを引きずることになりました。

  • 27
    31

    03:36

    4.1 km

    537 m

    尻付山・ハジカミ山(西狩場からピストン)

    六郷満山(国東半島) (大分)

    2021.07.13(火) 日帰り

     猪群山から下山後、天気は問題なさそうなので尻付山へ。  新大分百山ガイドブック(GB)には、百山とセットで紹介されている山がある。  先週登った御許山と雲ケ岳もセットだった。  尻付山にはハジカミ山がセットなので、一緒に登ってしまおう。  前回(1巡目 2017/9/1)は上黒土の登山口からだったので、今回はほぼ反対側の西狩場登山口から。  尻付山は踏み跡がほとんど無く、目印テープが頼り。たまに明瞭な踏み跡があるが、それは間違いなく獣道。  とにかくルートが直線的で、勾配が大きい所は勝手にジグザグで登らないときつい。  ハジカミ山の方が登山道らしい踏み跡がはっきりしていて、ルートも適当にジグザグで歩き易い。  両方とも倒木が多い。ルートは倒木を避けるので、新旧の目印テープが入り乱れてある。  いかにも大分百山らしい山だった。  帰路、別府付近は雨が降った模様。路面が濡れ、車の温度計が他より5℃も低くなった。  (ちなみに豊後高田市は36℃、別府市は27℃だった)  夕立と思われるが、山で降られず良かった。       登り 降り 合計 実歩行時間 1:33 1:20 2:53 標準コースタイム 1:30 1:10 2:40 行動時間 3:36 歩数は前に登った猪群山との合計。       しっかり  距離 体重  歩数 歩数 % 時間  Km Kg 21,092 - - - 15.9 64.6 (歩数計を忘れた)

  • 28
    0

    02:34

    4.2 km

    546 m

    暑い! 一旦、国東登り収め!尻付山・ハジカミ山

    六郷満山(国東半島) (大分)

    2021.05.30(日) 日帰り

    今日2つ目の山。神社のところに3台車があり。 こっちの山には、急な割にはロープがなくて大変でした。登ってる途中で二組。頂上で1組に会いました、 ハジカミ山は、尻付山と同じ位、急で、かなり暑く、へばってきましたが、頂上では中山仙境がよく見え、地形を見ていると涼しくなりました。 帰り真っ黒な猪がいてちょっとびびる。