足羽山・八幡山・兎越山

出典: Wikipedia

足羽山(あすわやま)は、福井県福井市にある山である。 福井平野の中心にある独立した小山で、多数の古墳群がある。市内に残された緑地として市民の憩いの場となっており、散策や夜景を楽しむ人も多い。

このエリアについて

掲載されている山

足羽山、八幡山、兎越山、足羽三山

  • 足羽山

    標高:117 m

    難易度
    体力度

    足羽山(あすわやま)は、福井県福井市にある山である。 福井平野の中心にある独立した小山で、多数の古墳群がある。足羽川の南岸、福井市中心市街地から見て南西の郊外にあり、アクセスが容易な緑地として市民の憩いの場となっている。散策や夜景を楽しむ人も多い。 山上は足羽山公園として整備され、桜の名所となっている。足羽川・足羽山公園として日本さくら名所100選に指定されている。桜のほかアジサイも有名で、福井市はクラウドファンディングによる寄付で植栽を拡大している。 また「ふくい歴史百景」にも選定されている。1583年の豊臣秀吉の北ノ庄城(柴田勝家)攻めの際、秀吉は足羽山上、天魔が池付近に陣取ったと伝えられている。 足羽山と呼ばれるようになったのは、明治期以降のことで、江戸時代は、木田山、愛宕山と呼ばれた。福井藩の触書から、すでに18世紀前半には大勢の遊山客で賑わっていたことがわかる。さらに19世紀に入ると北東側から登山道である愛宕坂には、楊弓屋や田楽屋がたち並んでいたという。 ミニ動物園 、フィールドアスレチック、継体天皇像、通年営業の数軒の茶店などもある。また、福井県内をエリアとする放送局の送信所も置かれている。1953年に足羽山公園に開館した福井市立郷土歴史博物館は、2004年3月に市中心部の宝永3丁目へ移転した。 足羽山の西側部分にはかつて火葬場があったが、1999年に同市安田町に新火葬場(福井市聖苑)が完成したため解体され、旧火葬場の周辺は市営墓地となった。 墓地周辺には石切場があり、青みがかった火山礫凝灰岩「笏谷石(しゃくだにいし)」が産出した。2005年8月、市営墓地の一部が深さ30m程も陥没、崩壊する事故があり、笏谷石の採石場の跡が地下に広く分布し、これがおりからの大雨によって陥没したものと見られている。

  • 兎越山

    標高:82 m

    難易度
    体力度

    兎越山(おさごえやま)は、福井県福井市にある山である。 標高82mで足羽山、八幡山に並ぶ足羽三山の1つである。 かつて笏谷石を産出していた。 戦時中には軍事施設が作られ、今も地中に残っている。 入り口はかんぽの宿から東へ下った所の石垣にあるという。 現在足羽山が陥没した石墓の安置場になっている。 山頂にはかんぽの宿があり、山の北部には公園がある。公園から県道へ降りる階段があるが樹木や草が生えていて倒木もあり、冬春以外通るのは困難である。 公園の隣には社会保険庁の旧施設があり、周囲は柵で囲まれていて、中には石が多数つんである。 山のふもとには出雲大社福井分院がある。

  • 難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す