阿闍羅山

出典: Wikipedia

このエリアについて

掲載されている山

阿闍羅山

  • 阿闍羅山

    標高:709 m

    難易度
    体力度

    阿闍羅山(あじゃらやま)は、青森県大鰐町と平川市にある標高709.2mの山である。 斜面は大鰐スキー場が造られており、山頂付近の高原地帯にはゴルフ場やホテルがある。 阿闍羅山の近くの東北自動車道にあるパーキングエリアは阿闍羅パーキングエリアと名付けられている。 青森におけるスキー発祥の地である。明治の末、新潟県高田でオーストリアのレルヒ中佐から弘前第八師団の将校が講習を受けて、スキー技術を伝えた。当時は一本杖を繰りながら滑るスキーであった。 阿闍羅山がスキー場として便利ではなかった頃、人々は登山をして山頂下の山小屋に泊まり込んで春先のスキーツアーを楽しんでいた。それは、三月からの八甲田ツアーの前哨として親しまれていた。現在ゴルフ場になっている高原状の山麓一帯は昔は軍馬平と呼ばれ、無木立の原野が広々と続いていて、格好の初心者向けツアーコースになっていた。

  • 阿蘇ヶ岳

    標高:494 m

    難易度
    体力度

    阿蘇ヶ岳(あそがだけ)は、青森県津軽地方の平川市と南津軽郡大鰐町に跨る山である。標高は494.0m。かつては家畜の餌の草刈場で展望が良かったことから、大鰐町の小学生が遠足で登る山の1つだったが、現在は杉山となっている。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す