与那覇岳

出典: Wikipedia

与那覇岳(よなはだけ)は、沖縄県国頭郡国頭村字奥間字比地に位置する山である。 やんばる国立公園(2016年までは沖縄海岸国定公園)内にある沖縄本島における最高峰で、標高は503メートルである。 ただし、その南西約150メートルに位置する標高498メートルのピークに三角点があり、与那覇岳と書いた立て札もあるため、こちらを山頂と見なす向きもある。

このエリアについて

掲載されている山

与那覇岳

  • 与那覇岳

    標高:498 m

    体力度
    1

    与那覇岳(よなはだけ)は、沖縄県国頭郡国頭村に位置する、標高503mの山で、沖縄本島の最高峰である。 山頂域は日本国の天然記念物「与那覇岳天然保護区域」に指定され、ノグチゲラやヤンバルクイナなどの動物が生息している。やんばる国立公園に指定され、世界自然遺産の候補地である「奄美大島、徳之島、沖縄島北部、西表島」の推薦区域にも含まれている。 沖縄本島北部の国頭山地に属し、沖縄県国頭郡国頭村に位置する。同村奥間(おくま)地区と比地(ひじ)地区の東方にあり、奥間地区の集落から東へ約4.5kmに位置する。東麓一帯にアメリカ軍の北部訓練場が設定されている。 標高は503mで、沖縄本島の最高峰である。また沖縄県内では石垣島の於茂登岳(標高526m)に次ぐ第2位の高さで、沖縄県内で標高500m以上の山は、この2つのみである。山中にある一等三角点(標高498.0m)が、与那覇岳の標高とされていたが、1989年(平成元年)以降に行われた国土地理院の調査で、標高が503mと改正され、その地点が三角点から北東100mの距離に位置している。 山頂付近は侵食による谷の発達が十分でなく、西側はなだらかな長い斜面を有するが、北・南・東側は西側と比較して傾斜は大きい。また頂上から南側にかけて平坦な尾根が続き、南方に位置する伊湯岳と山稜が連なる。地質は中生代から古第三紀にかけての砂岩・片岩・千枚岩などで構成される名護層である。 与那覇岳一帯は沖縄県で最も降水量が多く、年間降水量は約3,000mmと、沖縄県平均の約1.5倍である。そのため、周辺は雲や霧に覆われることが多い。南西の麓を源に発した比地川は北西に流れ、北西の麓から発する奥間川と合流し、東シナ海へ流出する。麓東側から床(とく)川が流れ、安波(あは)川の中流部と合流し、太平洋へ注がれる。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す