lala lala

lala

YAMAPプレミアム

ユーザーID: 390685

  • 福岡で活動
  • 1949年生まれ
  • 女性
2009年頃に、脊柱管狭窄症で腰が痛い夫が山登りを始めたので、私はカメラを持ってそれに付き合い始めました。 2015年夏に、夫の肝ガンが破裂して、運良く命を取り留めたものの、再発や転移を繰り返す闘病生活。 けれども、体調が許すときは、二人で近くの山をゆっくりゆっくり歩き、私は花の写真を撮り、夫も少しずつ花のことが見分けられ、山野草をたのしむようになりました。 その夫も、2020年5月14日、4年9ヶ月の闘病生活を終えました。 最後の日まで生きる意欲を失いませんでしたが、医師も驚くほどあっけなく逝ってしまいました。 夫の肝癌が分かってからは、二人三脚で闘病生活をしてきましたが、その生活の中で一番記憶に残っているのは、「山歩きすると元気になるなー」と言っていた楽しそうな姿です。 今、夫の魂は、病の体のくびきから放たれ、野山を自由に散策しているような気がします。 夫が1月に買ってくれたカメラは、思いがけず形見になってしまいました。