YAMAP / ヤマップ
YAMAP / ヤマップ

憲法13条が登山を守る

難しそうに思いますが実は皆さん普段自然にいている事 皆さん何のために生きているのですか? 百名山全部登りたいから仕事も頑張りお山で体力つける。 裏山に毎日のように登り自然に親しみ健康に生きたい。 ★個人の価値観は他人にとっては、つまらないもの、特に登山は危険な所へ行ってアホか扱い。 「憲法13条:すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」 ◎(個人として尊重される) 遊びであろうと仕事であろうと危険な所へ行こうと個人の価値観は尊重される。 ●少数価値観であっても尊重される。多数決ではない。常識ではない。 ◎(個人の価値観で自由に誰からの指図されずに自分で決めて幸せを求める事ができる) この事を幸福追求権といいます。 自由に誰からの指図されずに自分で決める事を自己決定権または意思決定権といいます。 但し、法令、公共の福祉による制限があります。 ●幸福権ではなく幸福追求権なので自己決定、自己責任による努力が必要です。 ◎(個人の尊重、自由、自己決定権、幸福追求権につき制限条件を除いて国政は最大尊重する) 国政である行政(国、都道府県、市町村)は憲法13条に違反する政策はできない。 国政である立法(国会)は憲法13条に違反する法律はつくれない。 国政である司法(裁判所)は憲法13条に違反する判決はだせない。 ◎(公共の福祉に反しない) 個人の尊重、自由、自己決定権、幸福追求権は他人から見ても同じことがいえます。 これらの自由、権利については他人の自由、権利を侵害しない事という制限条件です。 ●土地所有者も同じことが言えます。 「財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。」憲法29条。 「私権は、公共の福祉に適合しなければならない。」民法1条 ◎(登山の自由) 登山の自由は法令、憲法13条の公共の福祉に違反しない限り自由です。 「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪われ、又はその他の刑罰を科せられない」憲法31条。 ●憲法に違反するマナー、ルール、規則は何の効力もない。 「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。」憲法98条 ◎(生命、自由、幸福追求権を守るため自衛隊は存在する山岳救助隊も同じ) 「憲法第13条が「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」は国政の上で最大の尊重を必要とする旨定めている趣旨を踏まえて考えると、憲法第9条が、わが国が自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛の措置を採ることを禁じているとは到底解されません」自衛隊ホームページより ●生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利を守るのは山岳救助も同じです。(憲法99条) 個人の尊重により遊び、仕事の区別はされません。 ☆山岳救助活動は公務(仕事)で自己責任。二次災害が起こると登山者の責任にすることはできません。 ★公務中の救助隊員の人権より一般国民の人権が優先されます。 消防団員は地方公務員です。 警察の依頼により警察の指揮下で救助活動をするボランティアも憲法を守る必要があります。

山の情報交換
39 コメント

すべての返信

投稿されたコメントはありません

返信を投稿

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。初めてご利用になる方は「新規登録」をお願いします。

ログイン新規登録

お探しのコミュニティがない場合は、新しく立ち上げてみましょう

新規コミュニティを作成

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。