投稿日 2022.04.22 更新日 2022.04.21Sponsored

使う

本当に「使える」ものが見つかる | パタゴニア・マウンテン・パンツ・コレクション

山に行くのが楽しい季節が巡ってきました。せっかくなら楽しい気分をもっと盛り上げるような新しい山のウェアを揃えてみませんか? 今回は、メンズ、ウィメンズと豊富なラインナップを持つパタゴニアのマウンテン・パンツをご紹介しましょう。機能性と耐久性を備えながら、春の低山でも夏の縦走でも、長く活躍してくれるマルチな1本です。

目次

登山シーンをトータルでカバーする、メンズ&ウィメンズ・マウンテン・パンツ・コレクション

本格的なハイキングシーズンの到来を前に、山好きの誰もが心躍らせる季節。山が日に日に彩りを増すにつれ、アウトドアで身に着けるウェアも、次第に軽快な装いへと変化していきます。ショップの店頭が華やぐ様子を目にして、新しいウェアが気になっている人も多いことでしょう。

パタゴニアには、名品と呼ばれる数々のアイテムがありますが、もしかしたら、インサレーションやフリースなど、トップスの印象が強いかもしれません。しかし、実はパンツのラインナップも、トップスに負けず劣らずの充実度。これからのシーズンで「使える」モデルが、メンズ、ウィメンズ共にラインナップされています。

1.アルトヴィア・アルパイン・パンツ (M’s/W’s)  
動きやすさと耐久性を両立した、タフ&テクニカルモデル
2.アルトヴィア・トレイル・パンツ (M’s)
テクニカルなディティールとカジュアルなデザインで、街から山までをカバー
3. アルトヴィア・ライト・アルパイン・パンツ (M’s)
ウエストはドローコード。ムダを徹底的に排除したシンプル&軽量なスタイル
4.ポイント・ピーク・トレイル・パンツ (M’s/W’s)
厚手の素材と多彩な機能で、しっかり歩く縦走登山をサポート

テクニカルなのに気軽に使える、タフでマルチな実力派

それぞれに個性が光るラインナップのなかから、今回は「アルトヴィア・アルパイン・パンツ」をピックアップ。メンズ、ウィメンズモデルを揃え、春夏シーズンのハイキングシーンに必要な要素をたっぷりと詰め込んだ、テクニカルな1本のすべてをご紹介しましょう。

のんびりと歩く低山ハイク、長い時間を山中で過ごすロングトレイル、次々と現れる岩場を乗り越えるテクニカルなコース。山のシーンが違えば、パンツに必要な要素もそれぞれに異なるはずですが、「アルトヴィア・アルパイン・パンツ」なら、そのすべてを1本でまかなうのも、難しいことではありません。

アルパイン環境で使える機能と耐久性を備えながら、身近なアウトドアシーンでも気負わずに心地よく使える。そんな都合のいい話が、このパンツのなかには確かに存在します。

2つの素材で完成させる、動きやすさと耐久性のベストバランス

このパンツ、よく見ると使われている素材が細かく切り替えられていることが分かります。動きやすさと耐久性の両方を、どちらの満足度も下げることなく1本のパンツに凝縮するために、2つの異なる素材を部位に合わせて使い分けているのです。

色の濃い部分は、程よい厚みのあるポリエステル素材。細かな織り模様の凹凸を持つドビー織りの生地は、しなやかでさらりとした肌触り。汗をすばやく吸収・拡散して、蒸し暑い環境でもべた付きのない快適な着心地。通気性をしっかりと確保しながら防風性も備えます。

やや明るめの色の部分は、スムーズできめ細かい質感のナイロン素材。ポリエステル素材よりも薄手の軽やかな素材感ですが、見た目に似合わず非常に耐久性が高いのが特徴。少しハリがあって、まとわりつかない肌ばなれ感があるのもポイントです。

色が明るめのナイロン素材が使われているのは、大きく分けて3つの部位。

休憩時に、ベンチや切り株に腰を下ろすとき、大きな段差を慎重に下るときなどに、摩擦や引っかかりや気になるヒップ周り。

ひざ周りは、ハシゴやクサリ場、靴紐を結びなおすときなど、地面や岩に触れることが多く、歩行中もひざ同士が触れることで、長時間摩擦の影響を受け続けるところ。

シューズやチェーンスパイクなどとの接触で傷みやすい裾の内側にも、ナイロン素材のパネルを配置して、摩耗や摩擦の影響を最小限に抑える工夫をしました。

しかも、動きに大きく影響するひざの部分は、ナイロン素材の一重仕立て。さほど影響を受けないヒップ周りと裾の内側部分は、耐久性を優先して、ポリエステル素材の上にナイロン素材を重ねた二重仕立て。それぞれの部位に合わせて、耐久性と動きやすさのバランスを考慮した、細かな気配りがされています。

どちらの素材も、4ウェイの非常に優れた伸縮性を備え、大きな動きにもリミットはなし。素材の伸縮性に加え、計算されたパターンやカッティングの技術が作り出す立体的な形状が、まとわりつきやツッパリ感のない動きやすさを裏付けます。

これには、このパンツがもともと、クライミングでの着用を想定して作られていることが、大きく関わっています。

重力に逆らって、小さな岩の凹凸を頼りに垂直移動を続けるクライミングでは、普段ではありえないほどの、大きく複雑な動きが必要とされます。一手進むかフォールするかの駆け引きの場面で使えるものだからこそ、普通の登山やハイキングの場面で、非の打ちどころのない動きやすさが得られるのは、むしろ当然のことかもしれません。

耐久性撥水コーティングの効果で、多少の雨や露をまとった下草が体を濡らすことはなく、汚れが付きにくく落としやすいから、ぬかるんだトレイルも、土ぼこりの舞うザレ場も、躊躇なく進むことができるでしょう。

クライミング仕様のディティールが使いやすさの理由

パーツ類や各所のディティールにも、徹底したこだわりが感じられます。

ウエストは自在なサイズ調整が手軽にできる軽量なバックルタイプ。他に類を見ないほど薄くフラットな形状で、ウエストバンドも、フラットで充分な硬さのあるタイプです。バックルの下に位置するフロントボタンも、薄くてフラットな形で、体に当たる内側には、金具などの露出は一切なし。

着脱も非常にスムーズで、バックパックのウエストベルトやハーネスと重なっても、大きくうつむくような姿勢をとっても、おなかにバックルやボタンが食い込んで、痛い思いをすることはありません。

裾には、シンプルなロック機能付きのドローコードを内蔵。好きな長さまでコードを引いたら、パーツのスリットに挟んで固定するだけで、確実にコードをロックできます。パーツは硬いプラスチックではなく、シリコンのようなソフトな素材。パンツの裾に固定されているので、肌にストレスを与える可能性も最小限に抑えられています。

長時間を山中で過ごすなら、収納力も重要なポイント。

バックにひとつ、フロントの左右に加えて、右太ももにも1カ所設けられたポケットは、すべてファスナー付きで、例えばスマートフォンなどを入れて激しい運動をしても中身を落とす心配はなし。ヒップポケットを除いては、通気性のいいメッシュ素材を裏地に使用しています。

ウィメンズにも注目! 女性にうれしい着心地と使いやすさ

もうひとつこのパンツの大きな特徴といえるのが、ウィメンズモデルの使いやすさ。ベースはメンズと同じデザインですが、女性ならではの気になるポイントが、とてもうまくまとめられています。

まずあげられるのが、素材の肌あたりが優しく、肌へのストレスがとても少ないところ。柔らかな女性の肌には、ほんのわずかな擦れや圧迫感も、長時間動き続けるうちに大きなダメージを与えることがありますが、このパンツにはそれがありません。切り替えもあって縫い目も多いはずなのに、なぜか動きのなかでそれを感じることはなく、履いている間存在を感じさせない、自然でやさしい着用感。

コンパクトなシルエットにもかかわらず、楽に着られてきれいに見えるのも、女性にとってはうれしいポイント。裾はスリムで足さばきがいいのに、むくみやすいふくらはぎや気になる太もも、腰回りにはほどよいゆとりがあり、全体をすっきりとしたシルエットに見せてくれます。

サイズのバリエーションも豊富。伸びがよくて締め付け感がないので、ウエストだけ、ヒップ周りだけ少し小さいというような場合も、必要以上に大きめサイズを選ぶ必要はありません。むしろ、少しぴったりめのサイズのほうが、きれいに着こなすにはベターかもしれません。逆に、レングスに合わせると、ウエストが余ってしまうという人も、ベルトでサイズ調整できるので、さまざまな体型の人が、快適に、きれいに着こなすことができるでしょう。

「海外ブランドは丈が長くて…」とお悩みの小柄女子にうれしいのが、裾のアレンジの自由度が高い点。素材の厚みとコンパクトなコードのバランスがいいので、コードを絞って裾をクシャっとたるませることはもちろん、ロールアップしたり、裾上げのように内側に折り上げたりすることも可能。シルエットの美しさをあきらめることなく、ちょうどいい長さで着ることができます。

鮮やかな切り替えのブルー系(左:メンズ、右:ウィメンズ)

カラーは幅広い着こなしに使いまわせるブラック系と、切り替えがスタイリッシュなブルー系の2色。パンツはつい濃色を選びがちですが、撥水加工で汚れが付きにくく、汚れやすい部分には濃いめの色が使われているので、軽やかなイメ―ジのブルーも取り入れやすそう。コーディネートのマンネリ化を脱却する、いいチャンスになるでしょう。ニュアンスのあるグレイッシュなブルーなので、どんなトップスとも相性がいいし、スポーツ感が強くなりすぎず、思った以上に自然に着こなせます。

ヒップ部分が二重仕立てになっているので、薄手素材のパンツで気になるアンダーウェアのラインうつりが少ないのもいいところ。後ろ姿を気にせず思い切りアクティブに行きましょう!

身近なハイキングからテクニカルな岩稜登山、クライミングシーンにも使えるオールラウンダー。着ている間中ストレスを感じないので、登山口までの車や交通機関でも、テントや山小屋でのリラックスタイムにも、シュラフにそのまま潜り込むのも、すべてを1本でまかなうというわがままをかなえてくれます。

アウトドアウエアは、いい物を使いたいと思うあまりにオーバースペックになって、使い勝手や着心地が損なわれることがありがちですが、機能、履き心地、見た目の美しさなどのバランスに優れたこのモデルなら、持っておいて間違いなし。パタゴニアのテクニカルパンツの実力が、とてもよく表現された1本です。

ハイク・コレクションのトップスを紹介

ここで、これまで説明してきたアルトヴィア・アルパイン・パンツと合わせて使いたい、トップス2種もご紹介しましょう。

R1 デイリー・ジャケット

ひとつ目は、パタゴニアのテクニカルフリースのなかでもっとも汎用性が高く、1年中を通して活躍する、伸縮性抜群の薄手フリースジャケット、「R1 デイリー・ジャケット」を紹介しましょう。

表面はフラットで滑らか、裏側はソフトで温かみのある均一な、起毛のフリース素材。フリースならではの温かみのある肌触りで、寒い季節のミッドレイヤーとして、夏場の防寒着として、マルチに使えます。デイリーと名付けられていますが、「日常着」ではなく、「日常的に楽しむ身近なアクティビティのため」という位置付け。まさに、登山やハイキングのために生まれた1着。メンズ、ウィメンズを揃えての展開です。

キャプリーン・クール・デイリー・グラフィック・フーディ

続いてのアイテムは、パタゴニアのテクニカル・Tシャツシリーズの大定番、「キャプリーン・クール・デイリー・グラフィック」のフーディ―タイプ。たかがTシャツ、されどTシャツの言葉が思い浮かぶ、マルチで快適で、着ていることを楽しめる1枚です。

吸湿発散効果と柔軟性を高める加工を施したポリエステル素材は、ソフトで滑らかで、ナチュラルな肌触り。ストレッチ性も備え、防臭加工も施されているので、場面を選ばず、長時間快適に着られます。

フード付きのベースレイヤーは、すこし変化球にも思えますが、風や日差しから顔や首元をガードするほか、ちょっと肌寒いときも便利。フードを使わないときも邪魔にならないので、シェルやジャケットと重ねても、クルーネックと同じような感覚で使えます。

グラフィックのおかげで、1枚で着てもさまになるのもいいところ。登山やハイキングの行動中はもちろん、速乾性を活かして、水辺のアクティビティにもいいでしょう。テントや山小屋でのリラックスタイムや、温泉で汗を流した後の着替えにも良さそう。フード付きのベースレイヤー未体験の方には、ぜひ試していただきたいイチオシのアイテムです。

今回ご紹介した以外にも、ハイク・コレクションでは、トップス、ボトムス、小物からバックパックまで、登山やハイキングに使えるさまざまなアイテムをラインナップ。次の山に何を着て行こうかと考えているのなら、ハイク・コレクションのチェックはマスト。すべてのハイカーの、それぞれのシーンで「使える」1枚が、きっとここにあるはずです。

原稿:小川郁代
撮影:甲斐寛代(STUH)
モデル:本多遼(jungle)
協力:パタゴニア