投稿日 2021.09.10 更新日 2021.09.14

楽しむ

山ごはん王の絶品レシピ|まったり楽しみたい夜に…鮭とキノコのモッツァレラグラタン

昨年行われた「THE 山ごはん王決定戦」にて初代「山ごはん王」の座に輝いた、モデル・登山YouTuberの山下舞弓さん。

「絶景を見ながら美味しいものを食べたい」「見た目も良くてカラダが喜ぶ料理を作りたい」という好奇心から始まった山下さんの山ごはんは、どれも真似したい絶品料理ばかり。
自分へのご褒美に、または大切な人へのおもてなし山ごはんとして。登山の様子とレシピの紹介を、文章と動画とともに、6回に渡ってお届けします。

山ごはん王の絶品レシピ #02すべての記事を見る

目次

ぐずついた天気が続いた8月、思うように夏山を堪能できず山はもうすっかり秋模様。でも秋って食材が豊富で、食欲も増すので料理をするのが楽しくなります!
今回は暑さがやわらぎ、ちょっとこっくりした温かいものを食べたい季節にオススメの1品をご紹介します。

秋の中央アルプスでひさしぶりのテント泊登山。でも景色は…

ようやく長雨が落ち着いた8月下旬。久しぶりにソロテント泊をしに、中央アルプス木曽駒ヶ岳(2,925m)へ行くことにしました。ここはロープウェイで標高2,612mまで行くことができるので、重いテント泊装備を背負って歩く時間はなんと1時間半。テント泊初心者の方でも気軽にテント泊をしに行くことができる場所なんです。

朝起きると中央アルプス方面の天気が良さそうだったので、ザックを背負って出発!ソロテント泊をするのは1年ぶりなので、重いザック(13kg)がどしんと肩にきます。

駐車場に車を停め、バスとロープウェイを乗り継ぎ、標高2,612mの千畳敷駅に到着。

雲が多く絶景とまではいかないですが、ひんやりとした空気に秋の気配を感じます。

遊歩道を歩いて登山道の八丁坂へ。ここからは岩が多く足元が悪くなります。おまけに急登なので、一歩一歩ゆっくり進みます。

急登が終わり乗越浄土まで来ると、風が強くガスで視界が悪くなってきました。そのまま中岳を経由し、ガスの中テント場に到着。急いでテントを設営します。

予報に反し、あいにくのお天気となったので、温かいものを飲んだりお昼寝をしたりと、晩ごはんの時間までゆっくり過ごすことに…。
16時半を過ぎると周りから良い香りがしてくるので、私もそろそろ調理開始!

カラダが温まる秋の味覚たっぷりの山ごはん

今回使う調理器具と材料はこちら。

【調理器具】
・メスティン
・SOTOガスバーナー
・OPINEL#7のナイフ、カトラリー
・MINIMALIGHTのまな板(重さ130gとかなり軽いまな板)
・山のうつわディッシュ(大)
・SOTOポケトーチ
・メスティン折

【材料】
・塩鮭 1尾(家で塩麹(大1)で漬け込んで冷凍)
・バター 20g(冷凍)
・玉ねぎ 50g
・きのこ 各40g
・じゃがいも 小1
・プチトマト 3個
・モッツアレラチーズ 1個(水気を切って冷凍)
・バケット 1/2本

あれば
・フェンネル 適量
・白ワイン 大さじ2

鮭やバターなどは保冷バッグに入れて持っていきます。
最近購入したイスカのクーラーバッグは、食材を使い終わったら小さく畳めるので収納に便利です。

【作り方】
玉ねぎを薄切りに、じゃがいもは細切りにします。

メスティンにメスティン折を敷きます。
メスティン折はクッキングシートをメスティンの形に折ったもので、これを敷いて調理することで、焦げ付きにくく後片付けも楽になります。

バターを2個溶かします。

玉ねぎをしんなりするまで炒めます。

じゃがいもを入れバターを馴染ませます。

きのこを入れて混ぜ合わせます。

塩麹漬けしたサーモンと1/4にカットしたプチトマトを入れます。

白ワインを大さじ2入れます。

蓋をし蒸し焼きにします。

鮭に火が通ったら、モッツァレラチーズをちぎって入れます。
モッツァレラチーズはビタミン、ミネラル、タンパク質などの山でも積極的に摂りたい栄養素がたっぷり。冷凍することで山に持って行くことも可能になります。

蓋をしてチーズが溶けたらフェンネルを散らします。(フェンネルがない場合、パセリでも代用できます)
この後、通常はポケトーチ等で表面を炙って焦げ目をつけるのですが、今回、私のポケトーチは火がつきませんでした…

器に盛り付け完成です。

材料で使った白ワインは「サングリアの素」を入れて即席サングリアにしました!

温かいうちにいただきます!

鮭とモッツァレラチーズの塩味がちょうどよく、白ワインを入れることでコクが出てマイルドな味に。野菜やきのこはバターでしっかり炒めたことで旨味が出ていてお箸が止まらない!トマトの酸味がアクセントになっていて、もったりした感じがなくいくらでも食べられてしまう一品です。

サングリアを飲みながら、美味しいごはんを食べてまったり過ごす。贅沢な時間ですね。

炭水化物として持って来たバケットは食べた後のお皿を拭くのにも最適です。食べきれなかったぶんは翌朝の朝ごはんとなりました。

 

食べ終わったころには、ガスが晴れて夕焼けが…。

1日ガスに包まてれいたのに、最後に最高なご褒美がありました。

翌朝は、見事に快晴!!

1日目に登らなかった山頂に行ってきました!
いつも賑わう山頂ですが、まだ時間が早いので誰もいない山頂を独り占め。これは山の上に泊まった人の特権ですね。

北アルプス、南アルプス、富士山もしっかりと見ることができました。

山はすっかり秋の装いです。

 

 

今回の山行とレシピは私のYouTubeチャンネルでも紹介しています。
ぜひ動画もご覧いただいて、チャンネル登録してくださいね。

次回は「食欲の秋!紅葉の山で食べたい山ごはん」

どんなメニューになるのかお楽しみに♪
※野外での火器使用は山火事や公共のベンチ・テーブルの破損に十分注意して実施してください。また、使用が禁止されているエリアでの火器使用はくれぐれも実施しない様にしましょう。

YAMAPが運営する登山・アウトドア用品の
セレクトオンラインストア

すべての商品を見る

記事が見つかりませんでした。

すべての商品を見る