投稿日 2020.05.02 更新日 2020.05.02

楽しむ

山好きのおうち時間を有意義に。登山記録の振り返りに使えるYAMAP新機能

登山の楽しみは、山に登っている最中だけではありません。たとえば「登山記録」。下山後、歩いたルートや山行中に撮影した写真を振り返る時間もまた、登山を楽しみ尽くす秘訣です。「ステイホーム」「外出自粛」の今こそ、これまでの登山記録を振り返り、過去の山行に思い巡らせるのも「おうち時間」の有意義な楽しみ方の一つ。登山アプリ「YAMAP」は登山記録がすぐにつくれて保存や公開もできるサービスですが、このたび新機能「ダッシュボード」が追加されたことで、登山記録を振り返るときの楽しみが倍増しました。そのポイントと楽しみ方をお伝えします。

目次

あなたの登山記録が丸わかり!ダッシュボード機能

ポイント① 登頂した山、活動日数、累積の獲得標高が表示一目でわかる

登山アプリ「YAMAP」のマイページを開くと、「ダッシュボード」の枠が表示されます。この枠内には、登頂した山、活動日数、累積の獲得標高が表示されていて、YAMAPを使って歩いた山の数々の記録が集約されるかたちで把握することができるのです。

ポイント② 過去の軌跡データをすべて地図上で俯瞰して見れる

画面は、山好きが集まるYAMAPの中でもダントツの山への愛&山行日数を誇る、iOSエンジニアのもの

また、ダッシュボードの枠をタップすると、登頂した山の山頂一覧と歩いたコースの軌跡をマップ上でできることができます。歩けば歩くほど軌跡が増えていく様は、登山欲を高めます。

手書きのノートに記録をつけておいて後からパラパラめくりつつ振り返るのも楽しいですが、登山アプリのこうしたツールを活用して手軽に登山の記録、思い出を振り返るのも、選択肢の一つ。自分に合ったやり方で登山の軌跡、思い出をストック&レビューしたいですね。

YAMAPプレミアムだけの機能も充実

ダッシュボード機能の中には、先にお伝えした無料機能の他に、YAMAPプレミアムユーザーならではの嬉しい機能がまだまだあります。ポイントは3つ、それぞれ簡単にご紹介します。

ポイント① 年ごと、全期間の活動データグラフ

活動距離、獲得標高、消費カロリー、活動日数それぞれの値を年ごと、全期間累計でグラフ上で確認できます。

ポイント②「都道府県別の登頂座数」の表示

日本地図上で、登頂座数に応じた色の塗り分けによって、どの県(山域、エリア)の山に登っているかがわかります。
※ 1〜4座:水色、5〜9座:やや濃い水色、10〜19座:青色、20座以上:濃い青色

ポイント③「登頂回数トップ10」の表示と、登頂回数の並べ替え

登頂回数トップ 10 の山も確認できます。「もっと見る」をタップすると、これまでに登頂した山に遷移し、登頂回数順または最近登った順で並べ替えることも可能。

過去の登山記録整理やバーチャル登山で「おうち時間」を有効活用!

長期休暇や雨天時、そして今のように「外出自粛」や「ステイホーム」が推奨される状況下など、自宅で過ごすまとまった時間があるときには、登山を振り返る絶好のチャンス。家で過ごす時間が増えている今こそ、過去の山行記録を眺め、思い出を振り返ってみる。そんなおうち時間も過ごし方もいいかもしれません。

なお、YAMAPではバーチャル登山を楽しめる「3Dリプレイ」を【5月10日】まで無料開放しています。こちらも合わせてお楽しみください。
自宅で山気分? YAMAP「3Dリプレイ」でバーチャル登山を。SNSでも話題の神機能

YAMAPが運営する登山・アウトドア用品の
セレクトオンラインストア

すべての商品を見る

記事が見つかりませんでした。

すべての商品を見る